照明ランプ(白熱灯)のマメ知識(その2) - 照明設備 - 専門家プロファイル

野澤 祐一
株式会社エスエスティ 代表取締役
東京都
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

大谷 正浩
大谷 正浩
(住宅設備コーディネーター)
松本 秀守
(住宅設備コーディネーター)
石橋 大右
(住宅設備コーディネーター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

照明ランプ(白熱灯)のマメ知識(その2)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 照明設備
住宅設備 照明器具

白熱ランプは安価でありコンビニでも購入できる安易さが便利ですね。

ところがこんな落とし穴があります。  

白熱ランプには、このような表示があります。

「100V60W」とか「110V40W」など?この先頭にある「100V」と「110V」の違いとは??  

例えば100V60Wの場合、100Vの電圧で60Wの明るさが得られますと言う事です。

また110V60Wの場合は110Vの電圧で60Wの明るさが得られる訳です。  

えっ!と思われた方もいらっしゃると思いますが日本の供給電圧は(単相200Vとかは別の話で)

概ね端末(住宅用分電盤)では95~110V以下が一般的な数字です。  

これは電柱からの距離やトランス、キューピクルの施設関係により電圧降下等要因で異なる訳です。  

ちょっと難しい話しになりましたが・・・。話しを戻しますね。  

100V60w・110V60wの場合当然100V60wの方が約10%明るいです。

では貴方はどちらを購入しますか??  私なら「110V60w」を迷わず購入します。

(若干価格が高いと思います。ほんの少し)  何故なら「長寿命」だからです。

先に説明しました通り住宅用分電盤(端末)では110Vを超える事はありません。

(概ね高くても106V程度です)100V以上が供給されている場合に100Vのランプを使用しますと

オーバースペックになってしまい早く玉切れを起していまいます。

ですので約10%暗くなってしまっても110Vの方が切れにくい事から優位と考えるのが妥当でしょう。

(コンビニでは100Vが主流かもしれません)  最後に白熱ランプが蛍光灯と比べ良い所は

白熱ランプは新品の状態から切れるまで定格の明るさを保ちますが蛍光ランプは新品の状態から

点灯時間が増える毎に(徐々に)暗くなっていきます。

最近の蛍光ランプはとても性能が良く数千時間切れる事がありません。 

 ・・・と言う事はランプは切れないが、かなり暗くなってしまうと言う事です。

弊社では切れる前に暗いと感じたら交換するようにしています。

これ本当です☆かなり暗くなっても切れませんよ!!  

何事も適材適所です。上手く使い分けをしましょう。

このコラムに類似したコラム

新商品:照明:コイズミ照明:LED 坂野 民枝 - インテリアコーディネーター(2014/06/09 11:55)

照明ランプ(白熱灯)のマメ知識(その1) 野澤 祐一 - インテリアコーディネーター(2011/07/31 09:50)

甲府のスケルトン改修05 日進月歩のLED照明 標 由理 - 建築家(2011/05/25 07:13)

ベッドルームのお洒落な「明り」の取り方です。 稲垣 史朗 - リフォームコーディネーター(2011/04/19 23:00)

ほおづえ 渡邉 松男 - 建築家(2010/11/22 15:44)