お金をかけない省エネ照明8 - CSR・環境経営 - 専門家プロファイル

小林 幹夫
有限会社 電気の問題解決 
静岡県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お金をかけない省エネ照明8

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. CSR・環境経営

インバーター照明のススメ

我が家はリビングも書斎もほとんどインバーター照明器具です。

インバータ照明器具は、高効率・軽量・低騒音・50Hz60Hz共用・ランプのちらつき無・20%省エネといいことばかりです。そして私がインバーターをえらんだ理由がもう一つありますが、それは後で。

 

インバータ照明とは、50Hzや60Hzの商用周波数を上げていくことにより、商用周波数に比べて明るさが増し・構造上損失が減少するということを利用した省エネ機器です。

よく聞くHF蛍光灯器具もインバーターです。HFとは「高周波点灯専用型ランプ」と「高周波点灯専用型蛍光灯電子安定器」の組み合わせで使用する蛍光灯器具のことを言います。HFインバータ照明の周波数は確か40kHzぐらいです。商用周波数は50Hzですから一秒間に100回点いたり消えたりしていますが、40kHzだと一秒間に何万回もついたり消えてりするわけで、点きっぱなしと同じで、直流に近いです。省エネだけでなく「目」にもいいですよね。

 

最後に私がインバーターをえらんでいる理由ですが、ある本で読んだことです。エジソンは電球を交流ではなく直流で点灯しています、なぜ交流ではなかったのでしょうか?

交流は点灯中100回又は120回脈動しています。

この脈動が人間や動物・植物にどのような影響を与えるかわかっていません。人類が登場して数百万年のうち人工光源は100年・3世代しか使われていません。もしかすると何世代か後とんでもない影響が現れるかもしれません。放射能より影響があるかも??エジソンはそれを考えたのかも??

それを考えると何万回も脈動して「直流に近いインバーター」のほうが安心できるからです。あくまでも仮説ですし、そんな考えもあるんだ程度に・・・。

 

 

 

 

 

このコラムに類似したコラム

電力不足解消は家庭の省エネから4 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/06/01 10:00)

倉庫省エネ工事の結果 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/04/27 20:00)

今週末の67%削減倉庫照明工事 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/04/24 22:00)

ひかり遊びしませんか? 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/04/06 10:00)

せっかくの照明が 小林 幹夫 - 経営コンサルタント(2012/03/28 22:00)