青年期・壮年期の介護 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

山本 俊成
株式会社ファイナンシャル・マネジメント 
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

青年期・壮年期の介護

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
ライフプラン 介護対策
介護=高齢者というイメージを受ける方が多いと思いますが、「介護」は高齢者だけのものではなく働き盛りの方や若い方にも無縁ではないのです。
65才未満の方でも病気やケガで介護が必要になる方が実は意外に多いのです。

平成13年の国民生活基礎調査(ちょっとデータが古いですが・・・)によると、6才〜64才で手助けや見守りを要する人の数は50万人を超えてます。
青年期・壮年期の介護は身近な病気やケガから要介護状態になる人が多いようです。
しかも、介護期間は7割以上が3年以上です。

公的介護保険は、原則として65才以上が対象です。
ということは、働き盛りの方や、若い方は介護状態になったとしても、公的介護保険の対象にはなりません。(条件によって障害年金が支払われます)

経済的な面から見ると、本人は休職または退職を余儀なくされ、収入を絶たれます。
そればかりではなく、家族も仕事を辞めて介護するケースが少なくありません。
身体的な負担や精神的な負担に加えて、''経済的な負担''が重くのしかかってくるのです。
介護が一定期間で終わるものであればまだ良いのですが、実際にはいつまで続くか先が見えないのが、介護の特徴でもあるのです。

介護への備えは年令に関係なく必要です。
青年期、壮年期の介護にも備えられるよう、貯蓄や保険で備えておくと安心したライフプランになります。


FP山本俊成へのご質問・ご意見・ご相談はこちらをクリック