現場の最高責任者が悪者にならなければいけない時もあります - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

漆原 智
株式会社アーバンプロジェクト 代表取締役
神奈川県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

現場の最高責任者が悪者にならなければいけない時もあります

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般

お客様のご希望と理想を形にするために、実際に工事をする職人がいます。

それぞれの、職人さんが自分勝手に仕事を進めたら、

どうなるでしょう?

そうですね!

信号機のない交差点のように、すぐに事故につながります。

また、職人さんは、腕を磨くために若いころから親方について修行します。

そうなのですね。会社勤めの経験が少なく、親方の流儀でそのままこられている人がほとんどです。

過去の時代では良かったことも、近年の多様化では、ちょっとしたことでも、

クレームやトラブルの元になるのです。

そこで、それらの交通整理をする役が、現場監督なのです。

いくつもの物件を渡り歩く監督が、少しでも気を抜けば、

すぐに衝突事故につながりかねません。

お客様と職人さんとのクッションが、現場のCEOなのですね。

時には悪者になったり、アメとムチで、お互い気持ちよく作業をしてもらうことが、

工事を成功させる鍵だと思います。

そんな現場管理の経費を払いたくないと、おっしゃる方もおられますが、

ちゃんとした作業を見るためには、人件費もかかるのです。

どちらがよろしいかは、個人の価値観にお任せしますが、

ちゃんと管理した方が安全な策だと思います。

保険だと思えば、ご納得いただけるかもしれませんね。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

材料管理 米山 哲夫 - 建築家(2010/09/02 17:03)

躯体検査 信戸 昌宏 - 建築家(2016/09/15 12:00)

無事上棟終わりました。 信戸 昌宏 - 建築家(2016/04/05 12:00)

階段手すり工事 信戸 昌宏 - 建築家(2016/02/29 12:00)

窓が入りました。 信戸 昌宏 - 建築家(2016/01/28 12:00)