材料管理 - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

米山 哲夫
有限会社家づくり舎ファミリー 代表取締役
埼玉県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
菊池 克弘
(建築家)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅は当たり前ですが『そと』で造ります。

 

当然 工事中には、天候が影響します。

雨・風・雪・紫外線など。

 

上棟してから、10日くらいで屋根の下地防水紙が完了しますが、

その間に雨などが降れば、構造体は濡れてしまいます。

 

現実、すべての養生は不可能ですから、濡れた構造材がちゃんと乾いてから、 

壁などを貼るという注意が必要です。

 

普通の工期で行う家はそれほど気にしなくても

乾いてしまいますが、

突貫工事と呼ばれる通常5カ月くらいかかる工事を

2カ月で仕上げてしまうような

工事では、特に注意が必要です。(そもそも突貫は危険ですが...)

 

家を造る時には、構造材以外にもたくさんの木を使います。

野縁(のぶち)・間柱(まばしら)・野地板(のじいた)・窓台(まどだい)・まぐさ

・構造用合板・根太(ねだ)・垂木(たるき)・鼻隠し・ひろこまい

などなど

 

この材料が、すべて屋根が出来た家の中に入れて

工事が出来るわけではありません。

 

どうしても、外に置いておくようになります。

その為にも、雨・雪・風・紫外線の影響を受けないよう

しっかり養生する事が大切です。

 

なぜ、木が濡れるといけないのか?

カビ発生の問題などが考えられますが、

同じくらい重大な問題があります。 

 

建築材料はある程度乾燥された材料を使います。

一度乾燥させた木に、水分を与えまた乾燥すると、

ねじれ・まがりをおこします。

 

たとえば、壁の中にある間柱がねじれると、

内装壁にヒビが入ります。

さらに外装壁にもヒビが入ります。

 

外側の壁が木の変形によって割れた場合、

漏水の心配がでてきます。

 

他にも、断熱材の欠損・漏電・扉がかたい などなど

いろいろな不具合が出てきます。

 

でも雨が降ったら濡れないようにするって、当たり前ですよね!

このコラムに類似したコラム

ルーフィング 信戸 昌宏 - 建築家(2011/06/18 12:00)

基礎工事 信戸 昌宏 - 建築家(2010/08/06 13:49)

4月は雨が多かったですね。 信戸 昌宏 - 建築家(2015/04/21 12:00)

連休が終わりました。 信戸 昌宏 - 建築家(2014/05/08 12:00)

今年の工事が始まりました。 信戸 昌宏 - 建築家(2014/01/08 12:00)