Pike 定例14  左官 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

嶋崎 眞二
なづな工房一級建築士事務所 主宰
兵庫県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Pike 定例14  左官

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計

左官の下塗り作業が始まる。

 

以前レポートした曲面壁が塗られてゆく。

外壁面下地には、

内部で発生した湿気を通気する通気層が設けられている。

以前は16ミリの角材を打つことでその厚みが隙間となって

通気する工法を採用していたが

今は段ボールのような断面のシートを張ることで

通気層を確保している。

 

一階の玄関を開けたところの土間空間は

この住宅の見せ場のひとつだ。

4.5帖の畳の間が、玄関ホールと一体となって広がる。

「陰」の空気を作りたいと考えていて

壁の色も思案している。

左官の職人さんは、

こちらの仕上がりのニュアンスの説明に

理解しながらも困惑している。

「こうじゃないけど、この部分は近い」

なんて会話で、仕上がり感を共有していくしかない。

行き着くところは、センスだ。

 

 

2.3階は概ねプラスターボードも張られ

部屋の輪郭がはっきりとしてきた。

未確定だった、便器など衛生機器の

入荷の見通しも立ってきたようだ。

懸念されていた工程の停滞はなさそうだ。

このコラムに類似したコラム

軽井沢Tさんの家 鈴木 宏幸 - 建築家(2013/09/09 18:00)

完成から10年後の外壁 富樫 孝幸 - 建築家(2012/11/07 12:00)

未来をのぞく住宅展に参加します。 石塚 和彦 - 建築家(2012/03/30 20:21)