両手首の腱鞘炎 - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

鍼 覚王院 シャローム治療室 院長
神奈川県
鍼灸師
045-561-2856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
関村 順一
(鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

両手首の腱鞘炎

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
シャローム治療室
27歳 女性 既婚 

半年ほど前から両手の第1指、4指、5指から手首にかけて痛む。1年ほど前から子宮内膜症で治療中。日常は仕事で忙しい。

脈診により、患者さんの体質と腱鞘炎といわれる症状の原因を診断して、ツボの組合せを決める。
脈診によって得た情報により、患者さんの体質的な特徴を言い当てる。たとえば、性格と食べ物の味の好み、寝付きの良し悪し、睡眠の浅い深い、過去に患った病気などである。

この患者さんの腱鞘炎の原因は、婦人科系の働きが弱いことからきている。また、子宮内膜症を患っていることからも分かるように、普段から交感神経緊張状態にあることが分かる。

交感神経緊張状態の人の特徴は、毎日長時間パソコンの画面を見ている、職場での人間関係でストレスが溜まる、睡眠不足などである。

治療は仰向けで、片足2箇所ずつのツボを選定して、髪の毛ほどの細い鍼を約1ミリ留める。うつ伏せの姿勢では、首肩と腰を中心にツボを選択して、鍼と温灸の治療を行う。

仰向けになり、再度、脈診で全身の状態が整ったことを確認して、治療を終了した。このとき、タオルを絞ってもらい、痛みがかなり軽減されたことを確認。

その後、3回の治療で腱鞘炎は良くなるも、子宮内膜症の治療を継続中。


***********************************


鍼 覚王院 シャローム治療室
         院長  滝山 博行
〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-24-16
TEL 045-561-2856 FAX 045-561-2891
E‐mail info@hari.gr.jp
URL www.hari.gr.jp

***********************************

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 鍼灸師)
鍼 覚王院 シャローム治療室 院長

あきらめないで!その痛み。鍼灸(温灸)治療で慢性症状も改善へ

「鍼 覚王院 シャローム治療室」三代目院長です。この39年間に豊富な臨床経験と実績を積み重ね、赤ちゃんからお年寄りまで25万人以上の患者さんを鍼灸(温灸)治療してきました。急性・慢性疾患・体質改善・不妊など、多くのお悩みを解決いたします。

045-561-2856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「シャローム治療室」のコラム

痛みなど自覚症状の意味(2008/11/28 17:11)

デトックス(3)(2008/02/24 09:02)

デトックス(2)(2008/02/23 20:02)

デトックス(1)(2008/02/23 15:02)

花粉症と鍼灸治療(3)(2008/02/20 09:02)