ウッドデッキは吹っ飛んだ - リフォーム・増改築全般 - 専門家プロファイル

佐藤 正和
株式会社トップテクノ 
エクステリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ウッドデッキは吹っ飛んだ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. リフォーム・増改築全般
日記
 皆さんご存知だと思いますが、関東地方を縦断した台風9号。
すごかったですね。
 何年か前の台風14号が関東を直撃をした時、私の住んでいる地区(荻窪)では
膝位まで浸水したので、今回は、車を別の場所に移動したりと、前回の教訓を生かして
対応しました。
 おかげさまで、特に被害はなかったものの、日曜に会社にいたら、一本の電話がかかってきました。
「なんと、2階のウッドデッキバルコニーが破壊されたとのお客様からの問合せでした。
幸いにも、予定のない時間帯で、現場が近かったこともあり、その日のうちにお伺いしました。
なんでも6年前に家を建てる際、ハウスメーカーにサービス工事みたいな感じでやってもらったとのこと。
鉄骨はしっかりと組んであったのですが、その上のデッキの一部とフェンスが見る影もなくなっていました。
 これは決して、ハウスメーカーさんが手抜きしたとは思いませんが、ウッドデッキは、本当にピンきりなんです。
それこそ、日曜大工感覚で作れるものですから、出来た直後の感動に、どのくらいをお金をかけたかは、
金額程の差はありません。
・・・・その後なんですね、やはり。

当社にも、多くのお客様からウッドデッキのお問合せを頂きます。
中には、なんでこんなに高いのか、という方もいらっしゃいます。
もちろん安く作る方法はいくらでもあるんです。
安い金額で、安く作る事は可能なのですが、、、、、
お客様が希望するからといって、中途半端な物を作ってよいのか、
でも会社としては、受注したいし、
色々迷うのですが、
いつも本物をお勧めしちゃうんですよね。
少なくとも、本物を知って欲しい、伝えるのは義務だと思っています。

お客様が良いといえばそれで良いのか。
プロとして、伝えるべき情報は伝えるべきだと、
日々社員にも徹底させています。