男性は、非言語のメッセージに無自覚に反応する 1 - 男女の悩み・問題 - 専門家プロファイル

阿妻 靖史
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:恋愛

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

男性は、非言語のメッセージに無自覚に反応する 1

- good

  1. 恋愛・男女関係
  2. 恋愛
  3. 男女の悩み・問題

恋愛セラピストあづまです。

女性の側から、男女関係を良くする取り組みをする際に、よく覚えておいた方がよい男性の性質があります。それは、男性は女性からの非言語のメッセージに、無自覚に反応するということです。

夫婦関係の相談を受けているときによくあるケースを題材に説明したいと思います。

当事者は行き詰まっていると感じているものなので、男女の心理の専門家として、解決の糸口がどこかにないか、私も一生懸命探します。そんな中で、最近よくあるパターンがあります。

それは、夫婦関係の相談のはずなのに、解決の糸口として私が見つけたものは「妻の仕事を充実させる」というもの。勘違いしないでほしいのですが、どんなケースでも妻の仕事が充実すれば夫婦仲が良くなるわけではありません。

そうではなくて、この方針をとるケースは、妻がかつて仕事をしているときに活き活きしていて、でも、結婚して、子育てなどを担当するために、自分の 夢をあきらめて、じめじめした感じで生きているようなケースです。現実問題を優先して、夢とか気持ちの部分を後回しにして生きてきたツケが夫婦関係に出た 場合です。

妻が自分の夢をあきらめて、希望を失って生きている。
→暗い感じになる。
  →夫が妻に何かしてあげても、妻は素直に喜べない。
    →次第に、夫も、妻に何かしてあげるのが嫌になってくる。
      →妻は、夫がだんだん冷たくなってくることに耐えられなくなる。
        →そして・・・限界を迎えた日に・・・

爆発して、離婚話になったり、夫がいつの間にか喜び上手の女性と浮気していたり、そういった夫婦関係の決定的な危機として問題が表面化するわけです。


こういった相談の中で、問題の根本が、「妻が自分らしく生きていないこと」であると判断した場合は、とにかく「楽しく生きる」ことを課題とします。それに注力してもらうわけです。

男性は、相手の感情にあまり気づかず、鈍いと思っている人が多いようですが、そんなことはありません。確かに、相手の感情を「意識的に理解する」ことは女性の方が得意です。男性の場合、確かに「相手の感情に気づかない」のです。

しかし、本人は気づいていないけれど、潜在意識レベルではちゃんと受け取っていて、相手の感情に反応して行動しています。

男性は、非言語のメッセージに無自覚に反応する 2」へ続きます。


「恋愛の悩みに関するコラム:女と男の心のヘルス」

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

☆ルーク平野の「パーソナルブランディングシート」の申込を開始します! ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2014/03/02 16:06)

本当に自分のしたいこと、ほしいものが分からない状態とは?1 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2012/04/06 14:00)

批判で人を動かそうとしない 阿妻 靖史 - パーソナルコーチ(2010/12/03 14:00)

【恋の季節 夏にむけて2大イベントを開催します!】 ルーク 平野 - 恋愛アドバイザー(2010/07/14 15:45)

恋愛と結婚 進化心理学に学ぶ 茅野 分 - 精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)(2009/06/25 17:20)