第3章 苦い後味 ? - 民事事件 - 専門家プロファイル

羽柴 駿
番町法律事務所 
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年06月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

第3章 苦い後味 ?

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件
連載「刑事法廷」
第2回

 Tのほかに、私は旅館の帳場にいた経営者の妻Nからも話を聞くことができました。それによると、事件当日は風呂修理業者が旅館の前で土をこねていたこと、午後0時ころにHが路上にいて2階にいたTと話していたことなどは事実であり、また当日Nは夫と2人で帳場を預かり、午後2時前には掃除・洗濯などしながら帳場にいたけれどもHが外に出たのを見たのは午後0時ころの一度だけであるということでした。このようなNの話は大筋でTの話と合っているように思えました。もしTの話が本当だとすると、Hにはアリバイがあることになります。
 このような調査をした後に、私は再びHのもとを訪れ、話を聞きました。私は、Hの話の中で高校野球の試合経過が出てきたのに注目しました。もしHが午後2時ころに犯行を犯したのなら、少なくともその前後20−30分は試合のテレビ中継を見てはいないはずですし、その直後に交番に連れていかれ逮捕されたので、後で試合経過を知る機会もなかったはずだと考えたからです。
 この試合経過の裏づけをとるために、私は弁護士会の図書室に行き、試合の翌日の新聞を見てみました。試合経過は確かにHの言うとおりのものでした。そして試合時間を見ると、「午前11時51分開始、午後1時55分終了」とありました。これを見ていたHが犯行を犯せるはずはない。そう思い、私は裁判所に証拠として提出するために記事をコピーしました。


               (次回へ続く)