長期国債利回りが上昇トレンド - 貯金・家計キャッシュフロー - 専門家プロファイル

宮下 弘章
リスト株式会社 
神奈川県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

長期国債利回りが上昇トレンド

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 貯金・家計キャッシュフロー

住宅ローンの長期固定金利の指標となる
新発10年物国債利回りが、じりじりと上昇を続けています。

復興財源捻出に備え、国債を増発するとの懸念から、
債券価格の下落(利回りは上昇)の傾向が続いています。

12日には、昨年6月以来となる1.330%まで上昇しました。

尚、昨日のニュースでは、原発事故の損害賠償制度を定めた
原子力損害賠償法に基づく補償料が、現在、累計予算として
約150億円しか無いことが判明しました。
これにより、足りない分は実質国民負担になる訳ですが、
このような事態は、更なる国の財政悪化懸念が連想され、
国債利回りへの上昇圧力になる可能性があります。

さて、住宅ローンの金利動向についてですが、
ここで、改めて金利のチェック方法のおさらいをしておきましょう。
◎変動金利のチェック政策金利と短プラを確認する
◎長期固定金利のチェック長期金利(国債利回り)を確認
これが基本的なチェック方法というのは、以前にお伝えしましたね。

《参考記事》→「住宅ローン 金利の決まり方」

そこで、実際にどうやって調べればよいかと言うと、
◎政策金利→これは新聞やニュース等で確認できる
短プラ→これは→日銀のサイト

基本的には短プラの「最頻値+1.0%」=変動金利(店頭表示金利)
◎長期金利→これはいろいろありますが、
おすすめはこちら→ブルームバーグ


しかし、今後の金利の動向を読むには、
単に現在の利回り水準をチェックするだけではできません。
理由は、特に長期金利については、マーケットプレイヤーの読み
(市場の見方や思惑)が、かなり影響してきます。
また、その見方は短期的な見方ではなく、長期的な見方になります。

なので、現在の数値だけではなく、マーケットの動きを中長期的に
見れる目を持つことが重要なんですね。
こうなれば、住宅ローンの金利がどうなっていくかは、
何となくわかるようになってくると思います。

このように、不動産というのは”金融”が大きく関わってきます。
なので、特に不動産の営業等をするプロの方は、金融マーケットに
幅広く興味を持ち、研究し、お客様への提案等をしっかりと
行なえなければなりません。

そして皆さんも、ご自身でしっかりとマーケットを読む力を持ち、
的確な判断を下してくことが大切です


《情報満載お役立ちサイト ご覧下さい》

FP宮下弘章の“マイホームと住宅ローン”セミナーブログ

住宅購入・住宅ローン金利などの基礎知識を学べる無料セミナー

このコラムに類似したコラム

利上げを恐れぬ米国不動産 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2015/06/26 09:00)

スコットランド・トリガー、イギリスの不動産バブル 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2014/09/12 09:00)

「金利が上がりそう?変動金利住宅ローンの人は気をつけよう」 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/07 13:48)

金利上昇 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/15 13:16)

求職者支援訓練の募集を開始いたしました! 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/31 10:02)