変動金利を選択していい人とは? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

山下 幸子
独立系FP事務所山下FP企画 代表・株)エイム西宮オフィス代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

変動金利を選択していい人とは?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
サブプライム問題から派生した経済の混乱により今月にきて住宅ローン金利下がりましたね。
こうなると、必ず迷う人がいます、変動金利でもいいかっ?
変動金利を選択していい人は、金利上昇リスクを家計のなかで吸収できる人
・繰り上げ返済ができる
・困ったときに親の援助
・年収のアップが確実に見込める・・など

でも繰り上げ返済をまめにできる人は現実的にそう多くはいません。
親が資産家でしたら、はじめからポンとお金だしてくれているはず・・。
年収のアップについては仮にあったとしても、社会的負担(公的年金・健康保険・税金)などはこれから負担増まちがいなしなのであてにしないと考えたほうが賢明でしょう。

変動金利を選択するということは、常に金利を監視し
いざとなれば、借り換えや繰り上げ返済も辞さないかまえのため、長期にわたるお金の運用ができないデメリットがあります。
けして変動金利がいけないというのではありません。
使っていい人が使えば、すばらしい選択となります。