ストレスと上手に付き合う~負けない心を育てる~ - コラム - 専門家プロファイル

太田 理恵
株式会社ミズホ 愛犬家住宅コーディネーター
東京都
リフォームコーディネーター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ストレスと上手に付き合う~負けない心を育てる~

- good

今年の桜は早くに咲くのかなぁと思っていましたが、震災後急に寒くなり、例年より遅い開花になりました。桜も日本の非常事態を感じていたのかもしれませんね。ところで、みなさんのお宅のワンズたちは、繰り返す余震で神経過敏になっていませんか?我が家のクー(MIX)は騒がしい家にいるので、たれ目の顔に似合わず図太い男です。

ストレスって、回避できるの?

「健康で長生きして欲しいから、、ストレスはなるべく与えないようにしているの」とおっしゃるオーナーさんがいらっしゃいますが、ストレスを受けないように気を配っていたら、ワンズをストレスから守れるのでしょうか?どんなに頑張ってもストレスを皆無にすることは出来ないのです。オーナーさんが頑張れば頑張るほど、感じやすく神経質になり、たいしたことのないストレスに対しても必要以上に反応してしまいます。

ストレスに負けない心を育てる

ストレスを全くなくしてしまう事が出来ないとしたら、どうしたらいいのでしょうか?それは、少々のストレスを受けても、動じないでいられる心を育てることが一番です。ワンズが受けるストレスはどこにでも転がっています。たとえば、お散歩の後の足ふき、ブラッシング、爪切り、突然聞こえてくる音、子どもたちの大きな声などなど。最初から大きなストレスを与えて、それに無理やり慣らすのではなく、毎日の小さなストレスを上手に乗り越えさせて、自信をつけてあげることが大切です。もし、足ふきが苦手だったら、ちょっとだけ拭いて「上手だねぇ」と褒めます。次の日はもう少しだけ丁寧に拭いてたくさん褒めます。これを繰り返し続けていくのです。オーナーさんがどんどん小さなストレスを与え、それを乗り越える経験を積ませてあげて、たくさん褒めます。そのうちストレスをストレスと思わなくなり、普通に乗り越えられるようになります。こんなふうに、日々の暮らしの中で、少し我慢して苦手なことを乗り越えて、繰り返し褒めてもらうことで、オーナーさんへの信頼も深くなり、強い心が育っていくのです。

このコラムに類似したコラム

気持ちよく暮らすコツ 岡田 敏子 - 収納アドバイザー(2013/09/19 13:28)

Good Aging 岡田 敏子 - 収納アドバイザー(2013/06/27 12:23)

トイレに愛を。フォーラム2014「東京トイレ散歩」動画が完成しました! 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2015/06/24 13:58)

迫りくる!女性の男性体型化 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2014/02/24 10:00)

自分ばかり不幸だと思い込んでいました。 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/12/16 10:59)