ドーベルマンの飼い主になりそこなった男の話 - 民事事件 - 専門家プロファイル

菊地総合法律事務所 代表弁護士
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ドーベルマンの飼い主になりそこなった男の話

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件

 昔、ドーベルマンを飼っていました。

 名前は、「刑事」と書いて「デカ」と呼びます。そう、かつて「ドーベルマン刑事(デカ)」という劇画があったことを年輩の方なら覚えておいででしょう。そのもじりです。

 ドーベルマン・ピンシャーは、軍用犬にも使われることがあるように、獰猛な一面を持ち合わせています。理不尽な、感情的な叱り方をすると、飼い主に対しても牙をむきます。私も、2回、咬まれたことがあります。ヒトとイヌとが自己主張をぶつけ合うのです。私の弁護士業務に支障をきたしたこともありました。

 しつけは重要で、とくに食事は、「マテ」と命じて目の前に餌を置き、「ヨシ」と言って食べさせることを徹底します。そうでないと、餌をやるたびに飼い主が指を何本か失うことにもなりかねません。

 頭が良く、普段は、飼い主やその家族など身内に対しては、思いっきり甘えてきます。

 ドーベルマンの魅力は、敵に対する攻撃性と身内に対する忠誠心や甘えっぷりとが、その凛々しい姿に一体となって具現化していることです。刑事(デカ)との子犬のころから天命を全うして死ぬまでの10年余の楽しいあれこれは、決して忘れることができません。

 一説によると、飼い犬であるドーベルマンに3回咬まれないと本当のドーベルマンの飼い主とは言えないそうです。

 今も、刑事(デカ)のことを思い出すたびに、もう1回咬まれて、本当のドーベルマンの飼い主になっておけばよかったかな、と思うのです。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
菊地総合法律事務所 代表弁護士

依頼人の法的権利を実現する─それが私どもの願いです

全国各地の相続、不動産、同族会社の案件を中心に幅広く、新都心さいたま市を拠点として、永年にわたり多数手懸け解決しています。企業法務や病院・医院、寺社の法務にも精通しております。遺留分減殺請求、株式買取請求、為替デリバティブに実績があります。

このコラムに類似したコラム

医師に後遺症診断書を作成してもらう際の注意点は? 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 09:57)

むち打ちで適正な賠償額を獲得するためには 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/17 11:38)

交通事故でむち打ちにあったら 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/17 10:42)

モーツァルトのオペラ「魔笛」 を聴きに行く 大塚 嘉一 - 弁護士(2016/11/09 13:32)

大塚弁護士が酒を飲む理由 大塚 嘉一 - 弁護士(2015/09/15 14:43)