東北地方太平洋沖地震後の再生計画.4 - 遺産相続全般 - 専門家プロファイル

新谷 義雄
行政書士しんたに法務事務所 行政書士 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
京都府
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

東北地方太平洋沖地震後の再生計画.4

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺産相続全般

いまだに被災地では物資が行き届いておらず、社会インフラに大きな打撃を与えている状態です。放射性物質が土壌を汚染している場合はもとより、化学工場からの有毒物質の散乱などの未来に対する脅威が懸念されます。

 


土地の適正な価値を測定する際に「デュー・デリジェンス」の見地から土地の汚染状況を調査する必要が挙げられています。
過去に工場として使用されていた土地の購入時には土地の汚染状況調査が価格に反映されるなり、汚染の除去費用の負担の取り決めなりする必要があるかもしれません。

震災により放射能汚染が懸念される事で今後土地購入時の経歴調査への意識が高まるのではないでしょうか?

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

不動産と私③~土地価格の不可思議 森田 芳則 - 不動産コンサルタント(2013/04/18 20:34)

公正証書遺言を利用する場合の費用 村田 英幸 - 弁護士(2012/10/01 10:32)

広大地評価 ~その2.広大地評価の性質~ 藤宮 浩 - 不動産コンサルタント(2011/03/18 15:00)

相続税が還付される主な要因(1) ~土地評価の話~ 藤宮 浩 - 不動産コンサルタント(2011/02/11 15:00)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!