ローコストを実現する分離発注方式とは #3 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

サカイデザインネットワーク有限会社 
東京都
建築家
03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ローコストを実現する分離発注方式とは #3

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ローコストの手法
こんにちは。 サカイデザインネットワークの酒井です。 
今回は分離発注方式のメリットとデメリットについてもお伝えしたいと思います。

メリットについては前回までにいくつかお伝えしてきましたが、もう一つ大切なことは、「計画した仕様を落とさずローコストを実現させる」ということです。 

実際、私が手掛けてきた住宅では、木造の坪単価60万前後でも大理石や無垢フローリングを使い、建具やキッチン、収納家具など特注でデザインし納めることを実現しています。 

なぜか?それは、たとえば大理石は、原石を加工している加工所から直接購入し、特注家具などは、製作する木工所へ直接発注し、通常であれば業者間で取引されているコストでお客様へ納入するためです。 中間マージンなどを発生させないことがローコスト化の秘訣です。 

発注手配や加工指示のための製作図面などは、すべてCM業務を担う私のような設計事務所が担当するため、お客様へ何か手間がかかるような事はいっさいありません。(次回へつづく)

CM業務=分離発注による工事マネジメント業務

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
サカイデザインネットワーク有限会社 

住む人の手が触れる場所から、建物へ、街へと心地良さを拡げたい

設計手法・デザインの発想は「内側から外側へ」・・・建物という器だけをつくるのではなく、私達が暮らす場である生活空間の細部から生活環境全体のデザインを追求し「心地よさ」をご提案しています。

03-6379-4831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ローコストの手法」のコラム