武富士経営者一族の贈与税に関する判決の簡単な解説 - 相続税 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

武富士経営者一族の贈与税に関する判決の簡単な解説

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 相続税
相続税

武富士経営者一族の贈与税に関する判決の簡単な解説

【法人と個人の税金対策に役立つ神戸の税理士のメルマガ】

先月最高裁で武富士経営者一族の贈与税課税について、最高裁の
判断が下されました。

結論は、明らかに租税回避目的ではあるが武富士経営者一族の主張を
支持し課税当局の主張を退けた。利子相当額も含めると国が武富士経営者
一族に支払う還付金は2000億円。

詳細は以下のとおりです。

長男(元専務)は、両親(元会長夫妻)から平成11年にオランダにあった
法人の出資割合の90%の贈与を受けた。

このオランダの法人は、元会長が代表取締役を務める日本国内の
会社株式の80%以上が保有していた。

この時点で、長男は日本にある武富士の株式の80%以上を間接的に
贈与により所有したことになりましたが、この贈与に関する
贈与税が今回の争点になりました。

この当時、税法では日本国内に住所が無い納税者は、日本国内にある
財産にだけ贈与税が課税されることになっていました。

そのため武富士経営者一族は、この贈与の時点で香港に住んでいた長男は
オランダにある法人の出資について贈与を受けても、
贈与税の課税対象外であるという主張をしていました。

一方で、課税当局は父親が財産を海外に移転し、長男が住所を国外に
移転してからの多額の贈与は、明らかに贈与税を回避するためで
あると考えました。

そのため裁判でのポイントは、長男が財産の贈与を受けた時点での
住所がどこであったのか?という点でした。

今回の最高裁判決は、
オランダの法人を贈与税を回避するためのツールとして利用したことは
事実関係から明らかであり、また贈与税を回避するために長男が香港に居宅を移し
実際に生活もしていたことも明らかである。

しかし、
憲法30条で、国民は法律の定めるところによってのみ納税の義務を負うと規定し
憲法84条で、課税の要件は法律によって定められなければならないと規定している

という点を考慮し、今回の一連のスキームが贈与税を回避するために仕組まれた
ことは客観的事実から明白であるとしながらも、課税庁の主張を取下げ
納税者(武富士経営者一族)の主張を支持しました。

なんだか、複雑な気持ちになる判決です。
2000億円と言えば、1年間の日本中の相続税・贈与税の1割以上の金額です。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
下記の内容については、私の事務所HPのトップページに
記載がありますので、興味のある方はご確認ください

http://www.marlconsulting2.com/

⇒『相続税の無料相談始めました』
 下記のALLABOUTのURLをご覧ください
 http://profile.ne.jp/pf/oumi/s/s-2016/

⇒『やさしい税務会計ニュース』

   確定申告期限と納期限、振替日を再確認


⇒『経理総務担当者のための今月のお仕事のカレンダー』

   経理総務担当者様が毎月実施すべき業務をカレンダーでご案内
  しています。ご確認ください。今週から3月のお仕事カレンダーです

⇒『会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座』
 
  今月は、未分割財産の確定申告について会話形式で
  ご紹介しています

⇒『旬の特集』

  今月は、確定申告時期ですので医療費控除Q&Aです。
  よくある質問を5問選択して記載していますのでご確認ください

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【神戸の税理士が毎週配信している法人税・所得税・
 相続税に関する、最新情報と節税に役立つメルマガ】

 近江清秀公認会計士税理士事務所のURL
  http://www.marlconsulting2.com/
 ALLABOUT PROFILEのURL
 http://profile.ne.jp/pf/oumi
  神戸の税理士 近江清秀のBLOG
 http://marlconsulting.typepad.jp/
 M&Aのご相談は、信頼と実績の桜橋監査法人
 http://www.sakurabashi-grp.com/
 中央三井信託銀行のリバースモーゲージのHP
 http://www.chuomitsui.co.jp/person/p_03/p_03_re.html
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【編集後記】
国会が空転していますが、相続税対策は早めにしておいた
ほうが安心です。相続税対策無料相談を始めました。
詳細は、
http://profile.ne.jp/pf/oumi/s/s-2016/
をご覧ください。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 STUDIO TOKYO.COMのHP
 http://studio-tokyo.com/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「相続税」のコラム

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

このコラムに類似したコラム

直系尊属からの贈与財産が国外財産で有る場合 近江 清秀 - 税理士(2013/08/14 08:00)

相続時精算課税適用対象者の範囲の改正 大黒たかのり - 税理士(2013/02/21 09:00)

会社への貸付金と相続対策 その1(債権放棄) 大黒たかのり - 税理士(2012/09/25 12:50)