介護付き有料老人ホームの入居金は、相続財産か? - 相続税 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

介護付き有料老人ホームの入居金は、相続財産か?

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 相続税
相続税

介護付き有料老人ホームの入居金は、相続財産か?
国税不服審判所で、税務署の主張が認められませんでした。

【法人と個人の税金対策に役立つ神戸の税理士のメルマガ】

事実関係は以下のとおりです

・Aさんは、妻Bが介護付き有料老人ホームに入居するに当たって
入居金約1000万円の支払いをし、妻Bの入居1カ月後に同じ老人ホームに
入居し、その4ヶ月後に亡くなりました。

この場合に、亡くなったAさんの相続人の主張は以下のとおりです

・AさんがBさんのために支払った有料老人ホームの入居金は、Aさんから
Bさんへの贈与であると考える

一方、税務署側の主張は以下のとおりです

・AさんがBさんのために支払った入居金は、贈与に該当しない。入居金の
うち、1月ごとに有料老人ホームの施設利用料に充当される部分については
本来、BさんがAさんに返還義務が生じるものと考える。

そのため、AさんがBさんのために支払った入居一時金のうち、有料老人ホームの
将来の施設利用料に該当する部分は、Aさんの相続財産に該当すると判断した

これら、双方の主張に対して国税不服審判所の裁決は以下のとおりでした。

・入居金の支払いがあった時点で、AさんからBさんに贈与があったと考える。
また、入居金は今後Bさんが終身にわたって、有料老人ホームの施設を利用
できる地位を得るための対価であって、家賃の前払い的に考えることは
できない。つまり、BさんはAさんに対して返還義務を負わない

更に、今回の有料老人ホームの入居一時金はBさんが通常の生活を
営む上で必要な財産であり、贈与税は非課税であると判断する。

有料老人ホームの入居に当たっては、上記以外にも小規模宅地の特例の
適用に関する論点もあります。

該当する国税不服審判所の裁決事例が下記URLで紹介されています
興味のある方は、ご確認ください。

http://www.kfs.go.jp/service/JP/76/25/index.html

有料老人ホームの入居一時金に関する税務上の論点には、
充分に注意が必要です。


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
下記の内容については、私の事務所HPのトップページに
記載がありますので、興味のある方はご確認ください

http://www.marlconsulting2.com/

⇒『相続税の無料相談始めました』
 下記のALLABOUTのURLをご覧ください
 http://profile.ne.jp/pf/oumi/s/s-2016/

⇒『やさしい税務会計ニュース』

   Q&A:家内労働者等の特例の適用について教えてください
     (確定申告の節税ネタです)

⇒『経理総務担当者のための今月のお仕事のカレンダー』

   経理総務担当者様が毎月実施すべき業務をカレンダーでご案内
  しています。ご確認ください。今週から3月のお仕事カレンダーです

⇒『会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座』
 
  今月は、未分割財産の確定申告について会話形式で
  ご紹介しています

⇒『旬の特集』

  今月は、確定申告時期ですので医療費控除Q&Aです。
  よくある質問を5問選択して記載していますのでご確認ください

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【神戸の税理士が毎週配信している法人税・所得税・
 相続税に関する、最新情報と節税に役立つメルマガ】

 近江清秀公認会計士税理士事務所のURL
  http://www.marlconsulting2.com/
 ALLABOUT PROFILEのURL
 http://profile.ne.jp/pf/oumi
  神戸の税理士 近江清秀のBLOG
 http://marlconsulting.typepad.jp/
 M&Aのご相談は、信頼と実績の桜橋監査法人
 http://www.sakurabashi-grp.com/
 中央三井信託銀行のリバースモーゲージのHP
 http://www.chuomitsui.co.jp/person/p_03/p_03_re.html
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【編集後記】
HPをリニューアルしています。手作り部分が多いので
気になる部分は、今後少しづつ修正します。また、相互リンク
も行っています。ご希望の方はメールにてご連絡ください。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 STUDIO TOKYO.COMのHP
 http://studio-tokyo.com/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「相続税」のコラム

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

このコラムに類似したコラム

相続税・贈与税の基礎知識 岩本 裕二 - ファイナンシャルプランナー(2014/08/06 14:14)

孫への教育資金贈与 藤本 厚二 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/21 21:25)

相続時精算課税適用対象者の範囲の改正 大黒たかのり - 税理士(2013/02/21 09:00)

相続税の増税と贈与税の減税 大黒たかのり - 税理士(2013/02/21 10:00)

税制改正の目玉 教育資金贈与の注意点とは 大黒たかのり - 税理士(2013/02/01 10:59)