個人経営における従業員雇用について(Q&A回答) - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

代表取締役
社会保険労務士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人経営における従業員雇用について(Q&A回答)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
Q&A番外編 雇用と保険
 【対象Q&A】 ''個人経営における従業員雇用について ''

ちなみに事業主であるsasurai66さんに(1)の保険の適用はない(入りたくても入れない)のでご本人について手続きは不要です。
また、この労働保険加入手続きに伴い、一定期間分(sasurai66さんの場合従業員雇用から来年3月まで)の 労働保険料 の申告・納付義務が発生します。 このあたりの計算方法を含めた労働保険関係の手続きについては下記コラムに引継いでおきますのでそちらをご参照ください。

 【コラム】  ''開業に伴う「労働保険」関係の手続き ''

あと採用後のお話になりますが、毎月のお給料から従業員の所得税を源泉徴収しこれを税務署へ毎月納付しなければならない事務が発生します。  ただsasurai66さんの場合、従業員が3名と小規模なので、税務署への開業届提出時に併せて 源泉所得税の納期特例承認申請書 を提出しておけば、原則 ''毎月'' 納付が、''年2回(1月と7月)'' 納付へと事務が軽減されるので、こうした制度もうまく活用し事務の効率化を図られてはいかがでしょう。


Q4.従業員雇用の上で知っておくべき事は?


他にも法律上守らなければならない点がありますが、ここでは書ききれないので 群馬労働局のホームページ をご参照の上、個別にご不明な点については再質問・お問い合わせにて対応させていただきたいと思います。

  ''続きはコチラ ''

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

カテゴリ 「Q&A番外編」のコラム