不採用の理由を訊いてみよう - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

新垣 覚
全力転職フォーラム 代表
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不採用の理由を訊いてみよう

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート

 

いつもありがとうございます。
全力転職フォーラム
代表 転職★カチニスト 新垣覚です。



転職活動中に必ず出会う2つのアンサー・・・



『採用』



そして


『不採用』






採用通知はそりゃ、最高です。

何も言うことはありません。

この日のためにずっとがんばったんですから!





ただ、不採用の通知の場合・・。



ヘコみますよね。
特に自信のある採用試験とか
手ごたえがあった時は・・・・・


『Why?』


って思わず外人になってしまいますよね。





さて、不採用の理由は教えてもらうべきか否か?





わたしの答えは

“教えてもらえるなら是非教えてもらおう”
です。


もちろん、聞き方と、タイミングがあります。







私が使ったフレーズは以下のとおりです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回は本当にありがとうございました。
結果は非常に残念なものになりましたが、
是非、今後の参考と勉強をさせて頂きたいので
差し支えありませんようでしたら
不採用になった理由を教えていただけませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もちろん、教えてもらえない確立が高いです。
でも、プロの目から無料でアドバイスをもらえる、
と考えたら、やる価値は大いにあります。





ひとつ、ポイントとしては、採用担当者の名前が
わからない試験や、面接は答えがもらいにくい・・
ということです。




以前は手紙でしたが、現在は採用担当者
もしくは担当部署への
直接のメールによるアクセスが可能なら
成功率は高まるかもしれません。




ただ、くれぐれも1回きりです。
返事を催促することはご法度です!!




このコラムに類似したコラム

10月は転職が増える 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/10/03 19:00)

看護師の転職がいくら売り手市場だからといって 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2012/05/23 10:00)

面接では具体的なエピソードを話す 小松 俊明 - 経営コンサルタント(2011/10/12 14:05)

面接官が退職理由を聞く本当の意図 小松 俊明 - 経営コンサルタント(2011/07/28 12:56)

面接のNG理由 小松 俊明 - 経営コンサルタント(2011/07/16 22:09)