資産家・高額所得者の院長にとってポイントとなる税制改正の対策 - 病院施設の財務会計 - 専門家プロファイル

原 聡彦
合同会社MASパートナーズ 医業経営コンサルタント
大阪府
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

原 聡彦
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

資産家・高額所得者の院長にとってポイントとなる税制改正の対策

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 病院施設の財務会計

こんばんは。医業経営コンサルタント
原聡彦(はらとしひこ)です。

2011年の税制改正は資産家・高額所得者にとって大増税となります。本日は資産家・高額所得者の院長にとってポイントとなる税制改正の影響と対応策についてまとめました。

1.役員給与に係る給与所得控除の見直し
年収4000万円以上の医療法人の理事長は、給与所得控除の縮減により【年収×5%+45万円】増税となります。例えば、年収4000万円の理事長は122.5万円の増税額(増税額比較のため給与所得控除以外は考慮に入れていない)となります。

2.役員給与に係る給与所得控除の対応策
イ)役員給与を減らし法人に留保することを検討する。

ロ)個人負担している経費のうち法人の経費となるものを棚卸する。例:車、保険、不動産など。

ハ)退職金の税率は給与所得の半分なので退職金へ原資を回す。

ニ)少人数私募債は20%の源泉分離課税となるのでMS法人、財産管理法人で少人数私募債の発行を検討する。

3.相続税は大増税(課税ベースを拡大し基礎控除を引き下げ税率を上げる)で対策が必須
イ)基礎控除引き下げ5000万円+1000万円×法定相続人数→3000万円+600万円×法定相続人数

ロ)死亡保険に係る非課税枠限度額の制限500万円×法定相続人数→500万円×生計一にしていた者、未成年者、障害者の法定相続人数

ハ)税率は6段階から8段階 最高税率(6億円超 55%となる、3億円超~6億円未満45%)

二)増税額 相続税の課税価格 3億円(配偶者、子供2名のケース)であれば1次2次で4,700万円(現行より1,200万円増税)

4.相続税の対応策
イ)贈与対策(相続税の実効税率内の暦年贈与)
ロ)住宅関連贈与
ハ)建物対策
ニ)養子対策
ホ)既存の対策の見直し(保険解約など)

以上です。増税額を算出したうえで対応を顧問税理士とご検討頂く事をお勧めいたします。

最後までお読み頂きありがとうございました。
感謝!

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

持分なし医療法人への移行認定制度 柴崎 角人 - 行政書士(2014/09/28 14:15)

NECネクサソリューションズ医業経営者向けのポータルサイトのコラム 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2013/10/05 20:42)

ウオッチ2012年介護報酬改定 リハビリテーション編 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2012/01/13 16:05)

医療法人化のメリット・デメリット 河野 理彦 - 行政書士(2012/01/11 17:33)