生命保険料控除を受ける - 生命保険の加入・見直し - 専門家プロファイル

堀口 雅子
ベターライフスクエア ベターライフ・ナビゲーター
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険料控除を受ける

- good

  1. マネー
  2. 生命保険・医療保険
  3. 生命保険の加入・見直し
家計全般

給与から天引きされず、銀行口座から生命保険料などを引き落としされている方は

確定申告をします。


契約期間が5年未満のものは除かれます。


生命保険料控除は生命保険と個人年金保険それぞれに控除が受けられます。

年間で支払う保険料合計によって


2万5千円以下  → 控除額 支払った保険料額

2万5千円超5万円以下 → 控除額 支払った金額÷2+1万2500円

5万円超10万円以下 → 控除額 支払った金額÷4+2万5000円

10万円超     → 控除額 5万円


 
と控除額がかわります。


控除額は最大でそれぞれ5万円ずつとなります。


申告するには


確定申告の生命保険料等控除の欄に記入し、
保険料を支払った金額を証明できる書類を添付するか申告時に提示します。


なお、生命保険会社等で販売されている介護保険は
平成24年から介護医療保険料控除として適用されることになっています。

契約時期が大切で、平成24年1月1日以降の契約からこの控除が受けられる保険としてみなされます。

この時期から控除の枠は2つから3つになります。


ちょっとだけ先のことですがこちらもチェックしておきたいところです。

 

 


 

このコラムに類似したコラム

●重要 生命保険料控除の改正について 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/01 09:29)

生命保険 見直し 介護保険4 森 和彦 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/15 00:31)

生命保険 見直し 介護保険3 森 和彦 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/13 23:40)

民間の介護保険に新顔が登場 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/09 17:00)

法人契約の生命保険の考え方 大泉 稔 - 研究員(2016/08/01 22:58)