ビジネスの見方が、販売戦略に影響を与える - 販促・プロモーション戦略 - 専門家プロファイル

深井 貴明
商売設計株式会社 感性マーケッター | セールスコピーライター
広島県
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:販促・プロモーション

青田 勝秀
青田 勝秀
(Webプロデューサー)
福田 幸治
福田 幸治
(クリエイティブディレクター)
岡星 竜美
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ビジネスの見方が、販売戦略に影響を与える

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 販促・プロモーション
  3. 販促・プロモーション戦略

家の近くにあるTSUTAYAに寄った時の話。
ビジネス書コーナーに立ち寄ると、ビジネス書籍と一緒にビジネス関連のDVDが陳列されていました。
この陳列は珍しいです。
普通、書籍は書籍、DVDはDVDと商品カテゴリー別で陳列されますが、
ここでは関心別で商品が陳列されていました。これは、とても上手なやり方です。

 

ここで大切なのは、商売に対する認識です。
自社は、書籍を販売している会社、と認識するのか、
自社は、情報を求める顧客のニーズを満たす会社、と認識するのかで、商売のやり方は変わります。
認識が前者であれば、書籍以外売ろうとする発想はできません。
後者であれば、商品カテゴリーの枠を超え、書籍と一緒にDVDを売ろうと考えつきます。
商売の認識によって発想の転換が起きるのです。

 

たとえば、セールス関連の棚にいる人は、
セールス関係の書籍が欲しいのではなく、情報が欲しいのです。
店側は、書籍に限らずDVDで情報を売ってもいいわけです。
さらにはセミナーを販売することもできるはずです。

 

これに似た成功例をご紹介します。
あるスーパーで、たこ焼き粉の隣にコカ・コーラを陳列しました。
その結果、コカ・コーラの売上が14%増し、たこ焼き粉の売上が23%増しとなったのです。
粉物のたこ焼きを食べたときには、喉が乾きやすくなります。
喉を潤す際に、コカ・コーラはいかがでしょうか、と勧めたのです。
お客様の欲求を理解したからこそできる陳列の仕方です。

 

商売に対する認識の違いが、売り方を変えてしまいます。
今の時代、商品を並べるだけでは売れません
お客様の欲求を読みとり、販促方法に結びつける力が求められるのです。

 

そのほかの、商売繁盛に役立つ話を読みたい方は、こちら

私のブログを読みたい方は、こちら

このコラムに類似したコラム

人生の危機を脱出する「○○○ゲーム」 北村 卓 - マーケティングプランナー(2013/01/29 11:24)

売上低迷のスパイラルから抜け出す 「2つの方法!」 北村 卓 - マーケティングプランナー(2013/01/22 10:09)

ターゲットが誰なのかわからない! うえた さより - マーケティングプランナー(2011/10/20 20:46)

たった一言で売上を上げる方法 深井 貴明 - マーケティングプランナー(2011/02/04 20:56)