生命保険 見直し 医療保険 - 保険の見直し - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険 見直し 医療保険

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険の見直し
生命保険

生命保険 見直し 医療保険



医療保険・がん保険・年金保険など所謂生きるための備えである保険の販売件数が死亡時の備えの保険より多くなったそうです。

営業現場でも死亡保険よりまず医療保険がほしいという声をたまに聞きます。
その考えの前提は
今すぐに死亡する確立 今すぐ入院する確率
だからだと思います。
確かに保険金受取り回数の視点から見ると圧倒的に死亡保険金より、医療保険金の方が高いでしょう。
しかしながら、視点を保険金受取金額から見た場合リスクはどちらが高いでしょうか?

まずは死亡の備えである保険を考えて見ましょう。
現在の年齢が35歳 年収500万円 勤務先定年65歳の人が死亡したとしましょう。
(65歳-35歳)×500万円=1億5000万円
将来にわたりこの金額が入ってくる予定だったのに死亡した時点で消滅します。
1億5000万円のリスクです。(遺族年金等はここでは無視しますが)

次に医療保険を考えて見ましょう?
1入院60日 最高1095日限度 1日あたり1万円の契約をしているとしましょう。

1回の入院なら60日×1万円=60万円
最高でも1095日×1万円=1095万円
1回の入院なら60万円のリスク、最大1095万円のリスクです。
万一の際にどうにもならないリスクほど保険が必要になるのではないでしょうか?
医療保険ももちろん必要だとは思いますが、まずは死亡リスクを検討するべきではないでしょうか?(未婚なら別ですが。。。)



こちらをどうぞ↓

保険業界で頑張る社長のblog:

ファイナンシャルプランナー 森 和彦 

このコラムに類似したコラム

生命保険 見直し 入院費用 森 和彦 - ファイナンシャルプランナー(2011/01/23 00:16)

生命保険 見直し 差額ベット代 森 和彦 - ファイナンシャルプランナー(2011/01/22 00:00)

生命保険 見直し 高血圧対策 森 和彦 - ファイナンシャルプランナー(2011/01/19 00:33)

生命保険 見直し 医療保険 森 和彦 - ファイナンシャルプランナー(2011/01/14 00:00)

生保破綻時の契約者保護はどうなっている?(Part3) 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/03 18:00)