賃貸住宅の良さと住宅ローンの負担-4 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

賃貸住宅の良さと住宅ローンの負担-4

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
不動産 持ち家・賃貸・住宅ローン
そして住宅ローンは、銀行などの金融機関に支払う利息があります。3000万円を借り入れて、元利均等払い、35年ローン、固定金利3%の場合は、総額4849万円で1849万円の利子を払わなければなりません。同様に4%では5579万円なので利子分は2,579万円、5%の場合は6359万円になり借入額より多い3,359万円を利子として支払わなければなりません。極めて大きな負担になります。

ちょっと観点を変えましょう。
頭金なしで住宅を購入、代金は全て住宅ローンで支払ったと仮定して、4000万円を借ります。そして、元利均等払い、期間35年、3.5%の固定金利で返済すると、月々165,316円の支払になります。
一方、12万円の賃貸に住み、住宅ローン返済額との差額45,000円を毎月積立で複利3.5%の運用ができた場合、35年後には3,699万円の資産が形成されます。なかなか魅力的だと思いませんか。これは老後資金や、それこそ住宅資金に充てられます。
なお、上記比較には、持ち家の場合の修繕費や管理費用、賃貸の場合のの更新料や礼金は考慮していません。

住宅の購入は一生に一度の買い物になります。買わないで済ませる賃貸住宅も選択肢の一つです。将来を見据えてじっくり考えて決断しましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「不動産」のコラム