リフォームで再発見する、心地よさ - 建築家への相談 - 専門家プロファイル

小形 徹
小形 徹 * 小形 祐美子 +プロスペクトコッテージ 代表
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リフォームで再発見する、心地よさ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 建築家への相談

 

< リフォームで再発見する、心地よさ >

 

この部屋に入ると何故かとてもすがすがしい気持ちになる。

窓のブラインド越しに入ってくる光はとてもやさしい。

その光は時間と共にゆったりと移り変わっていく。

気持ちがすーっと軽くなり、広がっていく。

 

築35年以上経ったRC造5階建て建物の4階部分のリフォームである。

床・壁・天井を全部取り除いて構造体までを現しにして改修(スケルトンリフォーム)し、

水周り(キッチン・浴室・トイレ)も移設した。リフォーム前の、暗く細かく仕切られ

圧迫感が漂っていた部屋は、明るく広々とした気持ちの良い空間になった。

 

建主は50代の女性とその家族。子供たちは大学生であり、夫も忙しい。

自身も様々な仕事を忙しく行いつつ、親の世話や家事をこなす。

そんな彼女にとって、リフォーム前の家は心を落ち着ける場所というよりも戦いの場であった。

気持ちの前に立ちはだかる壁のような・・・。

 

リフォームの目的は、古くて狭い設備の更新や、

生活スタイルと合わない間取りの改善であったのだが、

本当は「心を開放すること」であったような気がする。

 

リフォームが完成してしばらくの間、建主はここに荷物を運び込もうとせず、

ひとり静かな時間を過ごしていたという。この話を後日聞いて、そんなことを思った。

 

家のリフォームは、建主の、そしてその家族の気持ちを更新する。

それは、これまで気がつかなかったような驚きや喜び、

そして<心地よさ>を再発見するプロセスなのかもしれない。

 

(写真上:リフォーム後 写真下:リフォーム前)

大田区山王 H 邸 / スケルトンリフォーム / RC造5階建て建物の4階部分

設計・監理:小形 徹 * 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

このコラムに類似したコラム

設計事例「リビングに家族が集うカウンター」 奥山 裕生 - 建築家(2011/03/24 23:00)

潜在的な力を信じて生かす、心地よさ 小形 徹 - 建築家(2010/12/25 10:48)

家の2つの性質と幸せの形 3 志田 茂 - 建築家(2014/02/03 17:24)

マンションスケルトンリフォームの見学会 奥山 裕生 - 建築家(2013/04/08 17:00)