医療保険と"へそくり"の濃密な関係 - 各種の生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

医療保険と"へそくり"の濃密な関係

- good

  1. マネー
  2. 生命保険・医療保険
  3. 各種の生命保険・医療保険
医療保険

先日、お会いしたお客様は「数年後に数万円が戻ってくる医療保険がどうしてもよい!」と希望されておりました。

ひまわり生命やエジソン生命など"健康お祝い金"や"生存お祝い金"という名目で

最短で3年で、今まで払った保険料が一部還付される医療保険が発売されています。

その戻ってくるお金がこちらのお客様の場合、奥様の"へそくり"となるそうです。
そこで、夫婦の"へそくり事情"について調べてみました。

全国調査によると、"へそくり"がある人は、全体の45.3%。

その平均額は、夫が35万円に対して、妻は99万円となっています。

夫婦の格差はなんと約3倍にのぼります。

2006年調査と比べて、夫は約2割減少している一方、妻は3割以上増加傾向にあるようです。

(公益財団法人家計経済研究所「消費生活に関するパネル調査による)

なるほど、保険でもへそくりの積立てができるものかと、お客様から学ばせていただきました。

追伸

2010年12月10日(金)、無料マネーセミナーin東京九段下、開催します。

▼申し込み

https://www.hokenwelina.com/seminar/?cage=entry&act=entry&sid=114

▼ちらし

http://www.hokenwelina.com/seminar/pdf/seminar/114.pdf

若いうちにマネー知識を身につけて明るいフューチャーを!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(保険アドバイザー)

お客様に有利な保険をご提案することが私の使命です。

保険会社によって、得意分野があるのをご存知でしょうか?医療保険が強い会社もあれば、煙草を吸う方にやさしい会社もあります。そんな保険会社の特徴を活かし、保険会社の強みを活かしたプランニングを得意としています。

カテゴリ 「医療保険」のコラム

このコラムに類似したコラム

自分や家族に合った保険の選び方 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2014/10/12 13:55)

定期保険の基礎知識 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2014/09/17 11:34)

生命保険の基礎知識 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2014/08/28 10:00)

保険相談とFPの役割 松山 陽子 - ファイナンシャルプランナー(2012/11/24 23:12)

医療関係の保険は、入院日額よりも診断一時金を重視。 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/05 09:47)