医療機関の人件費見直しのポイント - 医療経営全般 - 専門家プロファイル

原 聡彦
合同会社MASパートナーズ 医業経営コンサルタント
大阪府
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

原 聡彦
原 聡彦
(経営コンサルタント)
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

医療機関の人件費見直しのポイント

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 医療経営全般

固定費のうち人件費は大きな金額になるので人件費の削減方法をよく相談を受けることがあります。人件費を削減するといってもやみくもに基本給を下げるのは得策ではありません。基本給は賞与や退職金の額に影響することはよく知られているので基本給の引き下げに対するスタッフの理解も得にくいのが現状です。

今回のコラムは医療機関の人件費見直しのポイントをまとめましたのでお伝えします。

1.残業手当を見直す
 業務に関係なくスタッフが残業しているケースはよくあること。残業を申請方式にし残業が本当に必要か否かを判断できる仕組みにしておくことで業務の必要性を判断して無駄な残業手当を削減できる。

2.諸手当を見直す方法
 医療機関では基本給を上げずに給与を底上げする手法として「職務手当」「調整手当」などを設けることが多い。勤続年数の長い職員ほど諸手当が大きくなり給与の高止まりを招きがちなのでコンサルティングの現場では諸手当の定義を一新するサポートをしている。例えば職務手当は業務量や能力の対価と定義づける。看護師ならどんなレベルの手技ができるか定性的な指標、訪問看護に赴いた件数、定量的な指標をもって諸手当の金額を決定する。

3.賞与は自院の業績に合わせて変動させる
 賞与は医療機関の経営状況にかかわらず「基本給の○カ月分」と固定しているところが多い。これでは業績悪化したときでも賞与を固定給として払い続けなければならなくなり業績悪化のスパイラルに入り込む。賞与については業績連動させるサポートを実施するケースが多い。賞与額は売上総利益(診療収入-診療原価)のうち5%~8%を原資とし、それを職員の能力や年齢に応じて配分するのがわかりやすい方法で理解も得やすい。

4.注意すべきポイント
 最後に上記のような人件費に対する対策において給与の不利益な変更を伴う場合は、必ず一人ひとりと面談して理解を得ていくという手続きを怠ってはなりません。また、職員と定期的にコミュニケーションを図り自院の経営状態を開示して理解を得れるような情報の透明性を保つことが重要です。

最後までお読み頂きありがとうございました。
感謝!

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

院長、院長夫人が知っておくべき会社から個人への所得移転の方法 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/05/03 23:55)

わかっていても陥りがちな老後の資産運用の注意点 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2011/02/14 20:10)

ヴィクティム状態にある従業員の対応方法「ヴィクティム面談」 原 聡彦 - 経営コンサルタント(2010/12/09 10:27)