英語発音上達のための唇、舌、喉のストレッチ - 英語の発音 - 専門家プロファイル

Dr.D
VAPY英会話・留学部門責任者/プロデューサー
神奈川県
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)
山中 昇
(英語講師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

英語発音上達のための唇、舌、喉のストレッチ

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英語の発音
発音上達のコツ

英語を発音するときの、「唇」「舌」「喉」の緊張を解こう!
そのうえで発音を気をつけることで、アナタの発音はもっともっと良くなります。

スポーツ選手が、練習前にストレッチを欠かせないのと同じです。硬い筋肉を作ってしまうとなにかと不利になるからです。

普段アナタの「唇」「舌」「喉」は、日本語仕様として固定されているハズです。その上でまったく発音メソッドの違った外国語を発音することは困難なので、一度緊張を解いてあげた上で発音の練習をすると伸びが全然違います!


■まずは唇のストレッチ
Brrr(ぶるぶるぶる~)って上唇と下唇を震わせてバイブレーションサウンドを作ってみて?
コツはとにかく唇をやわらかく保つことと、すこし前に突き出して息を一気に上唇と下唇の間に送り込んであげると出来るようになります。これをやると破裂音などの子音が自然になります。
※一部、唇の薄い人にとっては難しいです。

■そして舌のストレッチ
rrr(ゥルゥゥゥゥ)って舌のバイブレーションサウンドを作ります。これもコツは「唇」の時とおなじで舌をとにかくリラックスさせる事と、やはり「息を勢いよく!」舌と硬口蓋の間に送り込むことです。

■最後は喉のストレッチ
uh~(あ"ぁぁぁ~)って感じで喉を震わせます。これは、まず上を向いて声を高いところからスラーでだんだんと低くしていき、限界まで低くします。限界を超えたあたりであなたの声はただのかすれ声になっていませんか?それが、この喉の振動ということになります。



これらをやると英語の発音はもちろんのこと、歌までうまくなっちゃいます(笑)(実際にボーカルレッスンでもコレをやります)

このコラムに類似したコラム