転職でよくある5つの質問 - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

新垣 覚
全力転職フォーラム 代表
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

転職でよくある5つの質問

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート

 

 

いつもありがとうございます。
全力転職フォーラム
代表 転職★カチニスト 新垣覚です。


人間関係に疲れて会社を辞める時も
仕事内容に不服があり転職する時も


30代の転職に共通する5つの質問があります。




1  転職活動は年齢上、厳しいのか?


2  今までの経験業種・職種で転職するのか?


3  雇用形態は?



4  年収アップは必須条件か?


5  実際どの様に転職活動をすればよいのか?




この5つの質問が多いです。
ひとつずつ、見て行きましょう。


の場合です。
まず、今までやってきたことが圧倒的に関係します。
簡単に言うと
未経験で、30代の転職するのと
経験有りで30代で転職する場合は

経験有りが有利だということです。


その際、経験有りの人は年齢によるハンディはありません。
未経験で30代はハンディがあるということです。
簡単に考えるとそういうことです。


だから、未経験へのチャレンジはやらない方が
良い・・・という話ではけっしてありません!




そしてです。
これは1と密接に関係しています。
経験業種・職種で転職しようとすればやり易いでしょう。
採用側もあなたの現在のスキルを計測し易いはずです。




しかし、新たに未経験の業種や職種にチャレンジしようと
するなら、あなた自身の動機や目指す方向など、
非常にロジカルに戦略的に考えぬいて行動する
必要が出てきます。




『前の業種、職種は自分に合わなかったんです。
だから今回転職したんです』的スタンスではどの会社
からも、そっぽをむかれてしまします。




“ある男性が女性にプロポーズをしました。熱烈なプロポーズ
でしたが、フラれてしまいました。
男性は、その寂しさと悔しさを紛らわすために
会う女性、会う女性にプロポーズしました・・・。”



会社も一緒です。この会社じゃなきゃだめなんだ!
この職種じゃなきゃ一生をかけられないんだ!
という熱い思いが必要なんですね。



3~5は次回、お話したいと思います。



『あなたの笑顔が絶えませんように!』
全力転職フォーラム
代表 転職★カチニスト 新垣覚


このコラムに類似したコラム

30代 女子 転職 サバイバルを勝ち抜く方法 安達瑠依子 - 転職コンサルタント(2014/09/12 12:00)

応募は軽く 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/11/13 19:00)

希望年収など 書かない 触れない 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/10/31 19:00)

落ちているのではなく 他の人が採用されているだけ 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/10/09 19:00)

10月は転職が増える 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/10/03 19:00)