(2)立地に合わせた業態−屋台の弁当屋の話 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

林原 安徳
有限会社 ソルブ 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

(2)立地に合わせた業態−屋台の弁当屋の話

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
ソルブ通信コラム(抜粋) 立地が先か業態が先か
最近、弊社の近くの空き地に 自動車屋台が数台とまるようになりました。
空き地といっても、本格的な空き地ではなく、ある会社の駐車場です。
ここに11時から14時近くまで屋台がオープンし、弁当を販売しているのです。
カレー弁当あり、和食弁当有り、日々さまざまな業態です。
そして、どの屋台も、ほとんどその日の予定分を売り切って帰っていきます。
これは、この近くに大きな弁当需要があったことを示しています。

それまで周りの人々は、コンビニの画一的な弁当か、デパートの高い弁当を買っていました。
いや慣らされていたと言ってよいでしょう。
そういう人々の心をがっちりとつかんだのです。
600円とか650円でも「安い」と感じる「手作り」の弁当に憧れていたようなのです。

もちろん、ここの立地は会社の駐車場ですので、屋台以外では成り立ちません。
これこそ、この立地でのベストのやり方といえるでしょう。

あなたはどこに店を出したいのでしょうか。
それが決まったらどんな店にしたいのでしょうか。
ぜひ、立地をよくよく見て決めてください。

(完)


PR


簡単・格安・高性能/商圏データ集計ソフト【統計てきめん2プレミア
出店判断に必要不可欠な商圏データ(人口や世帯数など)を、簡単スピーディ、安価に集計できるソフトウェア。

PR


無料メルマガセミナー【知って得する、出店開業のための「商圏分析」入門
高精度な商圏分析が、出店の成功を決める時代です!