(3)居酒屋系店舗の「旬」は3ヶ月 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

林原 安徳
有限会社 ソルブ 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

(3)居酒屋系店舗の「旬」は3ヶ月

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
ソルブ通信コラム(抜粋) 立地と業態
もっとひどい例があります。
ある居酒屋のチェーン企業です。

オープンして3ヶ月たった店が、まったく思った通りに売上げがとれませんでした。
このままだと不振店になってしまいます。
そこで、意を決して、その企業はオーナーを説得、全く別の業態に挑戦させました。
追加した内装コストは1000万円。

で、どうなったのでしょうか。

最初の1〜2ヶ月は順調に売り上げが伸びたかに見えました。
しかし、開店景気の3ヶ月が過ぎると以前より低くなってしまったのです。
その半年後、赤字に耐え切れなくなってお店を閉めざるを得なくなってしまいました。

今、一般的に居酒屋系店舗の「旬の期間」は3ヶ月だと言われています。
それほど競争は激化しているということです。
その3ヶ月を過ぎると、開店景気ではなく、街が本来持っているポテンシャル(潜在力)で勝負しなければならなくなります。

この居酒屋のチェーン企業はこの点を見誤ったようです。
開店景気を過ぎて売上げが低いなら、この時点で撤退を考えなければならなかったのです。

立地と業態、くれぐれも見誤ってはいけません。

(完)


PR


無料メルマガセミナー【知って得する、出店開業のための「商圏分析」入門
高精度な商圏分析が、出店の成功を決める時代です!

PR


簡単・格安・高性能/商圏データ集計ソフト【統計てきめん2プレミア
出店判断に必要不可欠な商圏データ(人口や世帯数など)を、簡単スピーディ、安価に集計できるソフトウェア。