日銀介入で円高圧力に勝てるか? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

宮下 弘章
リスト株式会社 
神奈川県
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日銀介入で円高圧力に勝てるか?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般

ついに始まりました。
日銀が円売り介入です。

今回は6年半ぶりの円売り・ドル買い介入となり、
しかも単独介入となったわけです。

14日に菅首相が小沢さんに勝ったのを機に、
一気に円高が進行しましたね。
一部新聞報道等によれば、菅首相がどこまで円高是正に本気かを
市場が試したのでは・・・とありますが。

しかし、この動きが日銀の円売り介入のきっかけになったことは
間違いありません。

そして結果は、成果があったと言えるのではないでしょうか。

そもそも市場介入というのは、市場にショックを与えなければなりません。
ですから、そろそろ介入するだろう・・というタイミングで行っても、
市場は”想定の範囲内”という反応になってしまいます。

今回は、十分にショックを与えることができましたね。

そして、直ぐに株価へも結果が表れてきました。
介入により円高に一服感が出て、輸出産業をはじめとする企業の株価が
上昇し始めましたね。
日経平均も、既に9,500円まで回復しています。

また、債権市場は金利低下となり、再び10年物国債利回りも
低下していきました。
これは、住宅ローンには有利に働きますね。


あとは、日銀がどこまで頑張れるか・・・というところです。

1度介入に入ると、当然しばらくは続けなければなりません。
もし、再び円高となってしまっては、日銀介入でも力及ばず・・ということで、
更なる円高が進んでいくことになってしまうでしょう。

なので、白川総裁が82円が防衛ラインと示唆されましたが、
 

このライン、決して超えることの無いよう、市場との勝負に
打ち勝っていただきたいです!!



早く投資家の相場感が変わっていくことを期待したいですね

 

《セミナーの詳細はココをクリック》

《You Tube リンク》

このコラムに類似したコラム

後悔しない賢い住宅購入術セミナー(神戸) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/11/15 09:12)

2014年~2015年への住宅ローン金利予測 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2014/05/12 14:25)

【晩婚カップル必見】ローン破たんにならない住宅ローンの組み方セミナー 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/10/16 11:55)

海老名・本所吾妻橋・川越で住宅相談会等開催します♪ 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/08 17:00)