自邸で思うこと 4 家族が集う仕掛けを! - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

青木 恵美子
AAプランニング 代表取締役
神奈川県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自邸で思うこと 4 家族が集う仕掛けを!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
女性建築家の住まいづくり 二世帯住宅
自邸の2階の私達世帯の【たまりば】のBefore Afterです。

右に写真が竣工当時、約20年前。
大人の遊び空間を演出したかったので(子供は小さいのに。。)
壁天井はブルーグレーのクロスです。
右側に見えるカウンターがみんなで集うカウンター。
私がアイロン掛けしたり、プランをスケッチしている脇で子供が宿題したり。。。
みんながいない昼間はこのカウンターを占領して家事や仕事を同時に行ったり。。
時には子供達と一緒にここでピザ台をこねたり。。。
また、パーティー時はここに大皿にお料理を並べ、飲み物を置いて自由にセルフで取っていただく。

そんな風に多目的に自由に使える大きなカウンターでした。
ここは私が大好きな大切なコーナーだったのです。


左の写真はリフォームして最近の写真です。
父が他界したのが心の変化かどうかわかりませんが、全て真っ白にしたくなって、壁天井白い塗装にしました。
子供達がいなくなった夫婦二人の空間は、何度も討論の末シネマルームへ。
大切な大きなカウンターをカットし、ル・コルビジェのグランコンフォート3人掛け&シェーズロングをおいて左側の壁に120インチの映像を映し出します。
ダイハードのようなスペクタル映画やサッカー観戦はこの120インチの迫力は圧巻です。
映像をもっと楽しむ為に再び白からトーンを落とした内装にしようかな。。。とも思います。


大切だった大きなカウンターは、我が家の子育てに大きく貢献してくれました。
たった一枚の板ですが、それが与えたモノ、作ったモノは計り知れません。

【家族が集う】とは。。。。
人が育つ時は、人が集う、人がたまる仕掛けが必要だと思います。