自律神経と白血球の関係 - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

鍼 覚王院 シャローム治療室 院長
神奈川県
鍼灸師
045-561-2856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
関村 順一
(鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自律神経と白血球の関係

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
シャローム治療室
私たちの体のすべての細胞が、自律神経系の支配下にあることはすでに知られているところであるが、白血球も例外ではなかったことが分かってきた。

血液中にはマクロファージが約3%、顆粒球が約0%、リンパ球が約37%の割合で存在している。この割合は個人差があるものの、これまで単に体質の違いと理解されていた。しかし最近になって、これらの違いがそれぞれの生活スタイルに深く関わっていることが分かり、よって自律神経の変調が白血球の割合に大きく影響していることも分かってきた。

顆粒球は交感神経の支配下にあり、リンパ球は副交感神経の支配下にある。それぞれが刺激されるとその数も増加して、働きが活発になるという。

自律神経系と白血球の割合が連動することにより、顆粒球の割合が高くなったり、リンパ球の割合が高くなったりする。すなわち、生活スタイルの違いにより、自律神経系が影響されるわけであるが、白血球の割合も影響されて変化し、タイプ別の病気が自ずと見えてくる。

これは予防医学にとっても、大きな成果であることに違いない。


************************************


鍼 覚王院 シャローム治療室
         院長  滝山 博行
〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-24-16
TEL 045-561-2856 FAX 045-561-2891
info@hari.gr.jp http://www.hari.gr.jp

************************************

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 鍼灸師)
鍼 覚王院 シャローム治療室 院長

あきらめないで!その痛み。鍼灸(温灸)治療で慢性症状も改善へ

「鍼 覚王院 シャローム治療室」三代目院長です。この39年間に豊富な臨床経験と実績を積み重ね、赤ちゃんからお年寄りまで25万人以上の患者さんを鍼灸(温灸)治療してきました。急性・慢性疾患・体質改善・不妊など、多くのお悩みを解決いたします。

045-561-2856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「シャローム治療室」のコラム

痛みなど自覚症状の意味(2008/11/28 17:11)

デトックス(3)(2008/02/24 09:02)

デトックス(2)(2008/02/23 20:02)

デトックス(1)(2008/02/23 15:02)

花粉症と鍼灸治療(3)(2008/02/20 09:02)