生命保険を見直したい人の半分は保留中 - 保険の見直し - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険を見直したい人の半分は保留中

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険の見直し
保険(万一のときに役立つ保険)

 こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

 お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

 大手企業向けのマーケティング支援と生活者向けの生命保険の見直し支援サービス「保賢人」の運営を手がける(株)カレンが、「生命保険の見直し」に関する実態調査を行い、結果が発表されています。
 ⇒http://www.current.co.jp/company/pressrelease/pdf/100712.pdf

 

 調査の対象は、加入中の生命保険を見直したいが、見直しの実行には至っていない20代~40代のファミリー層500人。

 

 生命保険の見直しを目的として「自己勉強」「専門家への相談」をした人のうち、実際に見直しの実行に至るのは約半数(53.0%)。

 

  「自己勉強」したが見直しの実行に至らなかった理由は、「類似商品が多く分からない」が圧倒的(72.8%)。「これまでの保険料が無駄になる」(40.4%)、「見直しメリットばかり強調される警戒感」を挙げる人も38.9%。

 「専門家への相談」をしたが見直しの実行に至らなかったと言う人は、「一人の話を聞いただけで決めてしまうことへの不安感」(46.3%)が最多で、「説明が分かりにくい」(31.0%)や「提案された商品がニーズに合わない」(26.1%)も多い。

 

  生命保険は、「とりあえず」とか、「なんとなく」などで加入してしまうと、その後の見直しは、思っている以上に力仕事になるってことですね

 

 森久美子が提案する家計見直しプロジェクトhttp://fpmori2.blog89.fc2.com/blog-entry-18.html

 

 森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

このコラムに類似したコラム

賢い生命保険の見直し方(その1) 清水 光彦 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/08 19:39)

いちばん得をする保険の知識セミナー (大阪・梅田) お知らせ 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/29 09:40)

主契約と特約とは? 田中 香津奈 - CFP・社会保険労務士(2015/01/05 07:00)

あんしん生命保険と東京海上日動フィナンシャル生命が合併 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/19 11:12)

【掲載報告】加入するほど無駄な保険 小川 和哉 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/25 11:00)