逃げちゃダメ - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

逃げちゃダメ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
広報100箇条

有事の際に備えたいとは広報担当者なら誰しも思うこと。しかし幸か不幸か有事はそう起こることではないため実務を勉強する機会が少ない。だが身近に勉強になる生きた事例が転がっているので、幾らでも勉強することができる。それはテレビでの記者会見の報道である。最近ではYou Tubeなどの動画サイトでも“不祥事”や“謝罪会見”などと検索すれば多少タレントの案件が多いのは否めないが、容易にたどり着ける。ではどういう点を見れば良いのだろうか。

 

細かい点を挙げれば内容や服装など色々とあるが、TVで一番見るべき点はズバリ“姿勢”である。しっかりと説明しようとしているか、謝罪の気持ちを伝えようとしているかである。もっと言えば真実を話しているように伝わっているかということが大事である。新聞や雑誌と違い、TVでの報道は詳細情報までは伝わらない。“説明している姿勢”が最大で唯一の情報と考えた方が無難である。

 

失敗事例の多くは、最初の会見で胡散臭さを感じる。逃げる、嘘をつく、情報を出し渋っていると必ず記者は間違いなく逆の動きをとる。逃げれば追っかけてくる、嘘っぽい、情報が少ないと追及してくるのだ。説明するに適切な情報量は当然準備しておく必要がある。

 

併せて時系列で新聞記事やインターネットでのニュース記事を追いかけてみるとより解る。第一報はどの様な形で報じられたのか、社長はどの時点で登場しているのか、論調の変化はどうか、何度会見したのか、そしてそれぞれでのポイントはなにかなど。

 

これらは何も難しいことではなく誰しも解ること。ただ時間を作るか否かだけの問題である。意識して見なければ身に付かない。今から有事の際に向けてのイメトレを始めては如何だろうか。

 

広報73箇条 “姿勢”も大事な情報と認識せよ

 

ご参考:広報力向上ブログ

このコラムに類似したコラム

自分が決める、ということ。 岩井美樹 - コピーライター(2014/07/01 15:19)

いつも頭に付箋紙を! 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/12 09:43)

インターンシップの広報をFacebookで ~その1 新日鐵住金の取り組み 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/03 10:00)

7月31日に無料相談会を実施します! 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/26 17:00)

友だち200人で良質な採用に成功!! 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/07/24 12:00)