あなたの会社のミッションは? - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

あなたの会社のミッションは?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般
広報100箇条

あなたの会社のミッションは何ですか?と聞かれた場合、あなたはどう答えますか?或いは答えられるだろうか。記者からこの様な質問をされることはまずないだろう。しかしこの問いに答えられるか否かによって、日ごろの“広報活動の質”が解る。ではどういうことか。

 

ここでいうmissionとは、使命や役割、存在意義を指す。つまりその企業は何のために存在し、何を目指しているのか、何をやろうとしているのかが明確かということである。これらは企業理念に表れていることが多い。つまり企業理念やポリシーが、日ごろの広報活動に生かされているか否かでもある。これらを浸透させようとした場合、継続的、網羅的に取り組んでいかなければなかなか達成できない。

 

具体的に言えば新商品の発表や個別取材などの際に、発信案件と当社の理念やポリシーと常に照らし合わせているかということである。
企業理念などはそれだけで情報発信することは困難であり、都度発信する案件に結び付けていかなければ発信できない。加えて、常に結びつけた発想をしていくことで、その企業の一貫したポリシーがあるという情報も付加されるわけだ。

 

また企業の役割などは時代や外部環境により左右される。そのため、位置付けなどは定期的に検証していく必要がある。また理念やポリシーなどは安易に変える必要はないが、理解されることは必要であり、そのため表現の仕方は見直しても良いだろう。手法としては、中長期経営計画などを策定した際にスローガンを策定することだ。企業理念などを踏まえ、今後3年や5年、10年後に向けどのような方針でいくのかを示すのは、対外的にだけでなく、社内的にも有意義なことである。

 

中期経営計画はそう策定する機会は少ないだろうが、企業理念が現在にどう生かされているのか、或いは世の中や業界動向の中での当社の位置付けなど、検証してみては如何だろうか。改めて自社の強みやポリシーを再確認することは重要なことだろう。

 

広報55箇条 常に企業価値の検証を!

 

ご参考:広報力向上ブログ

このコラムに類似したコラム

あなたの会社は必要ですか? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/11/22 04:44)

記者の関心事を把握してますか? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/11/13 11:18)

学生がメディアプロモートすることの効果 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/10/21 09:45)

2013年上期の締め 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/10/03 08:13)

調査発表は継続的に 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/09/26 10:17)