マンションPERを活用しよう - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

ファイナンシャルプランナー
03-3239-8830
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マンションPERを活用しよう

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
最近、マイホームでも“PER”が登場してきました。“PER( Price Earnings Ratio)”とは、FPであればお分かりの株の割安感(株価収益率)を見る指標です。マイホームのデータを保有している東京カンテイや不動産マーケッティングのアトラクターズ・ラボがホームページなどで公表しています。
たとえば、東京カンテイは、新築マンション価格を月額賃料の何年分かで示す「マンションPER」を算出しています。マンション1戸当たりの収益率を示す指標で、マンションPERが低ければ収益率が高く、高ければ収益率が低いことになります。
例えば都内で最も収益力が高いのは、JR新宿駅周辺でマンションPERが13となっています。すなわち新宿駅周辺で購入する平均的なマンションを賃貸に出した場合、この分譲価格はわずか13年で回収できることを示しています。
反対に最もPERが低い地域は京王線仙川駅周辺で32です。つまり新宿に比べ収益率が40%も低くなっています。
したがって、一般に、マイホームを選ぶにあたり、新宿は「買ったほうが得な地域」で、仙川周辺は「借りたほうが得な地域」と判断できます。

こうしたマイホームPERが提示されるようになった理由を、業界では「家計のバランスシートも考えた、負債にならない資産という選択が欠かせなくなった」「実需とはいえ高額な資産である以上、収益性に裏づけされた資産価値が欠かせない」「マイホーム購入も不動産投資のひとつであり、特に長期のローンを伴う購入には金融的な視点が欠かせない」と見ています。

このPERは今までにない新しい指標ですが、さらに改善を加え、将来の売却損益を組み込むことを期待します。新しい不動産の評価方法である収益還元法(DCF法)のように売却も含めた一定期間のトータルリターンが組み込まれるとさらに住宅購入の判断ができるようになると考えます。
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ファイナンシャルプランナー)

FPとして心理カウンセラーとして、あなたの生活を応援します

よりよいライフプランは“時間と生きかたのプランニング”です。自分らしいライフプランをお客様と作り上げる。前向きな人生のために、ファイナンシャルプランナーとして、心理カウンセラーとして、あなたの“良きパートナー”でありたいと願っています。

03-3239-8830
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。