遺言を書く時に知っていただきたいこと(3) - 遺言 - 専門家プロファイル

飯塚 重紀
代表
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

遺言を書く時に知っていただきたいこと(3)

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺言

前々回「いやあ、遺言を書くのは難しい!」とおっしゃった相談者は
なぜそうした印象を受けたのか?
それは遺言を書く以外の話、つまり財産の遺し方について
繰り返しお話したことに違和感を感じられたからではないかと
私は感じています。

相続・遺言のサポートを業務とされている方々の多くは、
遺言のご相談をお受けした場合にまず遺言の基礎として
その方の家族関係と財産の全体像がどうなっているのか、
そしてその方の財産の遺し方のご希望をお聞きして
プロとして法律や税務、ご本人やご家族の心情など総合的に考えて
遺言の内容への助言と作成のサポートをするのではないかと思います。

ただし、もしご自身が熟慮の上で作成した遺言の案をあらかじめお持ちだった場合、
それを後から他人にとやかく言われることは
決して気分のいいことではないでしょう。
(あるいは対応に問題があったのかもしれません。)

遺言のご相談をされた方と相談を受けた専門家との間に
もし見解の違いが生まれるとしたら、
両者の間に「視点の置き場」が違うことによるのかもしれません。

遺言の作成を考える時にご本人が何よりも重視する点は、
「過去」と「現在」ではないかと思います。
これに対して相談を受けた方が配慮をする点は、
「現在」と「将来」です。
特に「将来を配慮する」とは相続が起きた後の
数年後、数十年後にどんな事態が起こりうるかを見据えています。

そうした両者の見解を埋めるのによい方法はないか?
私は「あるツール」が役に立つのではないかと思っています。

(つづく)

「遺言書」に関するまとめ

このコラムに類似したコラム

遺言を書く時に知っていただきたいこと(4) 飯塚 重紀 - 行政書士(2010/06/30 20:00)

遺産相続で最初に確認すべきポイントは 大黒たかのり - 税理士(2016/08/22 08:18)

民法、相続ルールの大規模改正へ(4) 高原 誠 - 税理士(2016/02/22 19:23)

遺言は書いてもらった者勝ち 高島 秀行 - 弁護士(2015/10/14 10:18)

子供のいない人は遺言を書いてください 高島 秀行 - 弁護士(2015/09/29 10:09)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!