遺言を書く時に知っていただきたいこと(4) - 遺言 - 専門家プロファイル

飯塚 重紀
代表
東京都
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:遺産相続

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!

遺言を書く時に知っていただきたいこと(4)

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 遺産相続
  3. 遺言

遺言について相談したい人と相談を受けた専門家、
両者の見解を埋めるのに役に立つ「あるツール」とは何か?


お気づきになった方もいらっしゃると思いますが、
それは「エンディング・ノート」と呼ばれる出版物です。
書店や文具店などでさまざまな名称で市販されていますが、
おおよそ中身は同じような形になっていると思います。

エンディング・ノートは、一般的には自分の生い立ちや思い出、
もしもの時の医療や介護、葬儀の希望や連絡先の範囲、
あるいは家族へのメッセージなどを書き残すことを目的とした
ノートのことをいいます。
また上記のような私的な記録簿のようなものの他に
遺言のように財産の所在や分け方を記すようなものもあります。

前回でも触れましたが、
相続・遺言のサポートを業務とされている方々の多くは、
相談された方やご家族の事情や法律・税務などを総合的に考えて
あらゆるサポートをするのではないかと思います。
しかし専門家の中でもいろいろな考え方を持つ方がいますし、
お互いに円滑なコミュニケーションがないままに作業を終えて、
遺された家族が困惑してしまう場合もあるかもしれません。

そうした心配を未然に解消する方法として、遺言を書く前に、
まずエンディング・ノートを書くことをおすすめします。
遺言ではないのでそれ自体に法的な効力はありませんが、
そうはいってもエンディング・ノートは自分の人生の記録や
家族への思いを遺すにもとても便利なツールとなります。

あなたの思いを形にする二つのツール、
遺言とエンディング・ノートをぜひご活用ください。

                         (この項おわり)

このコラムに類似したコラム

遺言を書く時に知っていただきたいこと(3) 飯塚 重紀 - 行政書士(2010/06/23 20:00)

子どもら名義の預金の取扱いにご用心 酒井 尚土 - 弁護士(2014/05/14 10:16)

勇気をもって。 加藤 幹夫 - 行政書士(2013/12/02 16:48)

遺留分って?侵害するとどうなるの? 酒井 尚土 - 弁護士(2013/11/22 11:39)

せっかく遺言を書いたのに、受遺者が先に逝っちゃった。!! 藤本 厚二 - ファイナンシャルプランナー(2013/06/24 12:56)

「相続 専門家プロファイル」相続に関する悩みについて、無料で専門家に一括相談!