第1部7回PR講座~基礎編 マーケティングPRを戦略的に! - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

井上 岳久
戦略PR&マーケティング総合研究所 戦略PRコンサルタント、中小企業診断士
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

第1部7回PR講座~基礎編 マーケティングPRを戦略的に!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

マーケティングPRを戦略的に実行してみよう!

井上戦略PRコンサルティング事務所http://www.mk-pr.jp/

 

プロモーションの世界では「広告」「セールスプロモーション」「人的販売」「PR」のことを指して

プロモーションミックスと言います。「PR」は広告とは異なり非人的媒体に記事など無料で掲載して

もらうプロモーション手法ですが、現在、企業内でのポジションは4つの中で最下位です。これは「PR」

を単なるメディアに対する情報発信と捉えているためです。私の推奨するマーケティングPRは単に情報

提供するのではなく、いかにメディアに取り上げてもらえるか、の視点で様々な手法を用いてメディア

に働きかけていきます。この「マーケティングPR」の手法を習得し上手に活用すれば、私の経験では

プロモーションの中で最も効果の高い手法となります。プロモーションの主力として組み立てていった

場合には、最も売上や利益につながっています。

 

新聞やテレビの広告効果が落ちている話をしましたが、新聞は今、広告出稿料総額が低下しております。

Web媒体に奪われていることが主因と言われています。テレビも2011年に地上波デジタル化が完成し、

多チャンネル化が進んで、キー局が一人勝ちしていた時代は終焉に近づくと騒がれております。どのメ

ディアでも広告効果の地盤沈下は進んでいて、一体、どこに広告を出したら効果があるのか、各企業の

広報担当は模索を続けているところです。

 

私がプロデューサーとして責任者を務めていた横濱カレーミュージアムでも数年前から、このテーマに

対し試行錯誤を繰り返しておりましたが、最終的にマーケティングPR主体のプロモーション戦略を確立

しました。この効果は絶大で、同館を日本一のフードテーマパーク(延床面積1坪あたりの売上)

 になりました。

 

このようにマーケティングPRを主軸に据えて広告などで補うことが、新時代に適した最新マーケテ

ィング戦略と私は考えます。広告は、お金を使っても必ずしもそれに見合った成果が返ってくるとは限

りません。それに対してマーケティングPRは、元手は低コストで、二次効果、三次効果も見込め、や

り方によっては効果は無限大に広がる優れた武器なのです。

このコラムに類似したコラム

銀座店のオープン戦略(17) 上田善隆 - 広告プランナー(2011/10/24 01:00)

敵を知る 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2010/06/11 03:00)

広報活動の本来の目的 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2010/05/28 08:50)

自分が決める、ということ。 岩井美樹 - コピーライター(2014/07/01 15:19)

販促部門との連携 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/10/07 10:20)