クリニック開業と資金計画1 - 医療施設の独立開業 - 専門家プロファイル

石橋 充行
グッド・サポート 代表
東京都
医療経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:医療経営

原 聡彦
原 聡彦
(経営コンサルタント)
原 聡彦
(経営コンサルタント)
原 聡彦
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

クリニック開業と資金計画1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 医療経営
  3. 医療施設の独立開業
医師開業相談 資金調達

こんにちは!「理想診療の実現を支援する」グッド・サポートの石橋です。

今回は、開業資金に関する御話しです。

開業資金に関して

開業するにはどのくらいの資金が必要ですか?」

どのくらい自己資金が必要ですか?」

という質問がとても多いので、この機会に

説明していきたいと思います。

 

◎「開業するには、どのくらいの資金が必要か?」

これを決めるに前に、最低でも次の3点の要素を決める必要があります。

・どこで?:立地によって、賃料相場(保証金)、内装単価、

人件費相場、全て異なります。

・どのように?:何科目で、そしてどのような診療を行うかにより、

揃える医療機器、面積、内装設備、全て異なります。

・だれが?:スタッフの陣容により、これも月々にかかる経費が

異なりますね。

まずは、これらの要素を決めましょう!

えっ全くイメージができない、

その場合は・・・私に相談してください。

 

◎「自己資金はどのくらい必要」

初期投資額の3割が理想。

ですが、2割あれば、まずまず大丈夫です。

まあ、1割でも、何とかなります。

えっ、自己資金が無いのですか?その場合は・・・私に相談してください。

もちろんご自宅のローンが残っているのは当たり前です。

今、盛業されている先生がたも、最初は十分な資金が無いところ

から、スタートされています。

 

次回は、もう少し掘り下げていきます。

 

 

 

 

 

 

このコラムに類似したコラム

医療法人設立時の負債の引き継ぎ 柴崎 角人 - 行政書士(2012/11/13 21:48)

クリニック開業と資金計画4 石橋 充行 - 医療経営コンサルタント(2010/06/19 15:24)

クリニック開業と資金計画3 石橋 充行 - 医療経営コンサルタント(2010/06/19 14:57)