20代でしておくべきお金のことは? - 家計簿の付け方・活用 - 専門家プロファイル

宮城県
ファイナンシャルプランナー、ライター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

20代でしておくべきお金のことは?

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計簿の付け方・活用

20代の時にお金のことをどうしておけば、

その後、豊かな人生になるのでしょうか?

しっかりお金を貯めておくこと?

それとも投資しておくことでしょうか?

どちらも大切ですが、豊かな人生を考えるなら

是非、やっておきたいことがあります。

 

一つは、自分のライフプランをじっくり考えること。

二つ目は、自分の収支をちゃん把握すべく家計簿をつけること。

 

なぜ、その二つが大切かというと、

人生を通したプランを考えてみることで、

「お金との付き合い方」が違ってきますし、

「家計簿をつける」=「自分の収支を把握する」ことは、

家計マネジメント、貯蓄、投資、リスクマネジメントにも

関連してくるすべての土台だからなんです。

 

自分のライフプランを叶えるために、

家計簿を使って考えていくという基礎力。

これからの世界を考えると、こういう力が必要になってくるでしょう。

自分のプランを叶えるために、

お金を有効に使える人が豊かになっていくと思います。

 

でも、さすが、今の20代はしっかりしていますね。

損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険会社の

「世代別サラリーマンの意識と行動に関する調査」(2010年3月)によると

「誰が家計簿をつけているのか?」に対し、

ベテランサラリーマン(入社15年目以上の管理職で既婚者)で

自分でつけている人は10.3%に対し、

若手サラリーマン(入社3年目以下で独身者)は

37.7%という結果が出ています。

 

さて、20代の方向けにおススメなのが、

今、読売新聞のくらし面で連載中の「20代のマネー術」。

私のコメントも取り上げていただきましたが、

20代で知っておきたいマネーの知識が載っています。

こういう基礎知識を身につけていくことも大事ですね。

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(宮城県 / ファイナンシャルプランナー、ライター)

自分らしく生きるために、お金のことを考えてみませんか?

お金の不安に向き合うとスッキリして、自分らしい生き方ができます。「ライフプランをクリアにし、お金の計画・対策を立てる」ためのお手伝いをします。記事の執筆、セミナー講師や相談などを通じて、幸せに生きるためのお金の知識をお伝えしています。

このコラムに類似したコラム

家計簿、活用してますか? 小野寺 永吏 - ファイナンシャルプランナー、ライター(2012/09/24 17:36)

夫婦で家計を豊かにする その2 小野寺 永吏 - ファイナンシャルプランナー、ライター(2011/11/28 15:09)

ライフプランを実現するためのツール 小野寺 永吏 - ファイナンシャルプランナー、ライター(2011/10/19 18:59)

体だけでなく頭も使うクライミング 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2015/07/30 18:27)

ママのためのマネープラン見直し講座 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2015/06/12 17:00)