女性に必要な保障を考える - 保険の見直し - 専門家プロファイル

木和田 雅朗
FP事務所らいふ工房 代表
大阪府
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

女性に必要な保障を考える

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険の見直し

家族全体の保険を考えるときに、

 

保障は家計を主に支えている人には厚くして、

 

主婦(妻)に対しての死亡保障は少なくてもいい

 

というのが一般論のようです。

 

実際、これまでに私が受けた保険見直し相談でも、

 

奥さんが独身の頃に加入していた死亡保険を解約、

 

新たに医療保険のみに加入し、浮いた保険料でご主人さんの

 

死亡保障額をアップしたいというケースが多々あります。

 

もちろん、家計を支える一家の大黒柱であるご主人さんの備えを

 

手厚くするのはとても重要です。

 

それと同様なことを主婦(奥さん)についてもいえます。

 

 

たとえば、子どものいる世帯を考えてみましょう。

 

このケースで、奥さんにもしもの事が起こったとき、

 

残されたご主人さんは働きながらすべての家事をすることになります。

 

そうなると生活関連支出の負担が増えることが予測されます。

 

食事ひとつをとってみると、外食や買い物が多くなる可能性が

 

少なくはないでしょう。

 

もし子どもが小さければ保育所や託児施設、

 

場合によってはベビーシッターさんが必要になるかもしれません。

 

そう、養育費の増大ですね。

 

また、(専業)主婦が死亡した場合の公的遺族年金は

 

働いている夫が死亡した場合よりも手薄(少ない)です。

 

 

このように考えてみると、

 

夫婦ともに適切な死亡保障を備えておく必要がある

 

ように思います。

 

経済的にも精神的にもですね。

 

このコラムに類似したコラム

夫婦の医療保険をどう考える? 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/31 18:00)

生命保険料の下げ方・見直し方 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/19 20:00)

夫婦で保険を把握してみましょう! 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/09 17:00)

生命保険 見直し 医療保険 森 和彦 - ファイナンシャルプランナー(2011/01/26 00:00)

新生活がスタートします 池田 弘司 - 生命保険アドバイザー・ITコンサルタント(2014/03/12 10:00)