生命保険料の下げ方・見直し方 - 保険の見直し - 専門家プロファイル

株式会社FPソリューション 
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
清水 光彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険料の下げ方・見直し方

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険の見直し

  家計で大きな支出になっているもののひとつに保険料が上げられます。「この保険料が少しでも下げられるのならば」と思ったことはありませんか。保険料の下げ方は今ご加入中の保険内容とご自身が現在おかれている状況により変わってきますが、主なものに下記の方法があります。

1)減額をする

○死亡保険金額を減額する

万一の場合に受け取れる金額を下げることになるために万が一の時のことをよく考え検討しましょう。

○入院日額を下げる

一般的に医療保険は日額1,000円刻みで5,000円から決められます。5,000円の次は10,000円ではなく、7,000円でも8,000円等検討してみてください。

ガン保険は一般的に日額10,000円単位での変更になります。

2)特約の解約

特約は主契約のオプションです。基本的(一部外せない場合もあります)には主契約だけ残してすべて外せます。

3)払済

主契約以外の保険がいらない場合に保険料の支払をストップして解約返戻金を原資に主契約の保険を買う方法です。保険期間は同じですが、解約返戻金額によっては保険金額が少なくなります。

4)他社の安い保険に乗り換える

日本は競争社会です。全ての保険種類(終身保険、定期保険、医療保険、ガン保険、三大疾病保険など)をひとつの保険会社から加入すると保険料が高くなります。電化製品を選ぶように保険選びをすると同じような内容で保険料が安くなる場合が多々あります。

最後に保険を改良する場合に注意して欲しいことは、保険料のみを考えるのではなく、保険はリスク対策のひとつの商品ですので、必ず改良後のリスクを考え検討してください。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

生命保険 見直し 医療保険 森 和彦 - ファイナンシャルプランナー(2011/01/26 00:00)

女性に必要な保障を考える 木和田 雅朗 - ファイナンシャルプランナー(2010/06/02 10:11)

新生活がスタートします 池田 弘司 - 生命保険アドバイザー・ITコンサルタント(2014/03/12 10:00)

夫婦の医療保険をどう考える? 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/31 18:00)

知らないと損をするお金の話 医療保険編 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/08 10:00)