暮らしやすい間取り - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

平原 光人
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

暮らしやすい間取り

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
家づくりのノウハウ

暮らしやすい間取り




■ポイント1 動線は目的の場所まで最短距離で



人が歩いた軌跡を「動線」といいます。
部屋の中を歩いたとき、この動線に無理がないか
無駄はないか、確認してみる事が必要です。
また、目的の場所まで最短距離で行けるように
間取りが工夫されているか、確認するといいでしょう。


■ポイント2 パブリック空間にプライベート動線が交わらない



リビングを通らないと、洗面台や玄関に行けないような
間取りにしてしまった場合、来客者がいたとき、来客者の
前を通って洗面台や外へ出なければなりません。
そのため、パブリックな空間にプライベートな動線が
交わってしまうような造りにしないようにします。


■ポイント3 人が通りやすいスペースを確保する



通路となるスペースに余裕がないとスムーズに
歩くことができません。
そのため、最低限人が通るスペースを確保しましょう。

(参考)人が通る幅
正面を向いて歩く場合・・・・約60cm
横向きの場合・・・・・・・・約45cm
2人がすれちがう場合・・・・約110〜120cm


一級建築士事務所 ナユタ
http://www.nayuta-co.com/

納得!暮らしの快適空間
http://www.kaiteki-kukan.net/