日本一の工務店! - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

渡邉 松男
株式会社松岡建築設計事務所 代表取締役社長
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本一の工務店!

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
日本一の工務店!!
昨日も、父のふるさとにある、代々続く材木商にお邪魔してきた。
広大な敷地には、数百年も前からストックしてある資材がある。
歳をとったせいか、ソコに出かける事を楽しみにし、
ソコに佇むだけで、なぜか心が落ち着くのである。

数年前まで意識してなかったけれど、
弊社の建築部門も『日本一の工務店』に
なれたらいいなと考え始めていた。
それは、あるきっかけなのだけれど、
よくよく考えてみると『日本一!』って、
なにをもって『日本一!』なのかと考え込んでしまう・・・。

娘がまだ生まれもしない古い昔に、
母方の叔父は、デュセルドルフで企業を営むドイツ人に請われて
茶室を造りに渡欧したことがある。
それも二度も出かけている。
確かに、その時には『日本一の大工!』なんて叔父の事を尊敬した。
だけど、上には上がいるのだろうから、
頂点にいる大工に会ってみたいとも思ったものだった。

安井杢工務店さんとか、中村外二工務店さんとかも
『日本一の称号』を得ていると言っていいのだと思う。

業界紙を踊らせるような『工務店』もそうだろうし、
『建築業界(特に住宅)』のモラルアップと活性化に努力する
工務店の『オヤジ』さんたちもそう呼んでいいと思う。
また、『名工』と呼ばれる大工が、
年に一棟程度しか請け負わないような仕事ぶりも
『日本一の工務店』と呼んでいいと思う。

就寝前、一人静かにお祈りをする少年がいる。
家族の足しにと、新聞配達をする少年がいる。
弟と自分の学費の足しにと、ファーストフードでバイトする女子高生がいる。
そんな彼らも『日本一の少年少女』だと思う。

だけど、『日本一』になることだけが目的だけではないし、
かといって、そうなる事である種の『社会貢献』ができる。
弊社の場合は、せめて『現場清掃の日本一』になりたいものだ。