解体中に設備配管ルート確定 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

各務 謙司
カガミ建築計画 建築家
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

解体中に設備配管ルート確定

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
マンションリフォーム 千代田区のマンションリフォーム
千代田区の''高級マンションリフォーム''工事は
解体が進行中です。

LGS下地・解体中


本日は解体情況の確認と、''設備配管ルートの確定''のため、
現場に行ってきました。

ウォークインクローゼット、寝室、洗面周りの壁は、
今回のリフォームで全て位置が変わるので、
ちょうどLGS下地壁が解体中でした。

因みにLGSとは''ライトゲージスタッド''の略で、
厚みの薄い軽量形鋼で、コンクリート造建物の''内装下地''に
使われる材料のことです。

主要な設備機器も全て取り外され、
配管の取り出しが明確に判る情況になっていました。

設備配管ルートの確定


築年数が比較的古いマンションなので、既存の配管が
床スラブ上のシンダーコンクリートに埋め込まれています。

今回の工事では、給水・給湯は全て新規引き回しとする予定なので、
既存配管はコロシ、新しく天井裏に配管を回すことになります。

梁や既存のコンクリート壁があるので、
それらを避けた配管ルートを探す必要があり、
本日現場の監督さんと一緒に天井裏を除きながら、
ルートを確定してきました。

ファンコイルユニットの冷媒管とドレイン管のルートも
同時に確定し、事務所に戻って書き起こしたCADで指示し、
設備担当者及び関連業者の方々に図面を送りました。

カガミデザインリフォーム

東京都港区白金台3-12-2-303
Tel/Fax:03-5789-4146
info@kagami-archi.com