アレルギー疾患急増の予想外の原因と対策とは?(3) - 心の不安・性格改善全般 - 専門家プロファイル

東京都
医師
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

中西 由里
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アレルギー疾患急増の予想外の原因と対策とは?(3)

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心の不安・性格改善
  3. 心の不安・性格改善全般
(続き)・・花粉症と並んで、ぜんそくに罹る方も増加傾向です。ぜんそくは気管支の内腔が狭まって呼吸がしづらくなり、ヒューヒューという独特の呼吸音が聞こえる病気です。明け方などに咳き込んで止まらなくなり、救急車で病院に搬送される方が後を絶ちません。

ぜんそくも花粉症同様、季節性のある病気で、春先や秋口などの季節の変わり目、梅雨時など湿度の高い季節に増悪する傾向があります。風邪をひいた時やタバコ、ストレス、過労、環境の変化などで発作が誘発されることがあります。

以前から少年期から青年期に多発し、成人するにつれて自然に治癒するのが普通でしたが、最近では乳幼児からの発症や成人してからの発症が目立ちます。また春先とか秋口といった季節性があいまいになってきているように見受けられます。

ぜんそくは適切な緊急処置をすれば比較的落ち着きやすい病気ですが、重積発作と呼ばれる重度の発作を起こすと呼吸困難に陥り、最悪の場合は死に至ることもある恐ろしい病気でもあります。患者は気管支を拡張させる薬剤を内服したり吸入したりしますが、年余に及ぶ治療の負担は体力的にも精神的にも筆舌を尽くしがたいものがあります。

ぜんそくの患者数が増えている理由についてもいろいろと解説されています。排気ガスなど環境の悪化、タバコの習慣などが原因とする説もありますが、大気汚染は1970年代以降むしろ改善傾向ですし、喫煙率も徐々に低下傾向なので、主要な原因とはいえないようです。

一つの有力な見方としては家屋の構造の変化があります。昔に比べて近年の住宅や職場では家屋の機密性が高まり、保温性には優れるものの風通しが悪くなったため、建材に使用している化学物質が篭りやすくなったこととカビやダニが発生しやすくなったことが、ぜんそくの増加に寄与しているといいます。

また特定の食材を食べた後にぜんそく発作を誘発する例が多いことから、食生活の変化や体質の変化を重視する意見が目立ってきています。食物アレルギーや後述するアトピーと共通する、現代人自身の内部に発生した急速な変化と無縁ではなさそうです・・(続く)
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 医師)

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。